購入をしたばかりの洋服はボタンのつけ方が甘いこともあって、1回洗濯をしたら取れてしまうこともあります。普段から裁縫を得意とする女性なら、裁縫道具を取り出してすぐにボタン付けもできますが、針と糸に無縁の男性ともなればそうもいきません。特にサラリーマンの場合はワイシャツとジャケットは毎日着用をする必須アイテム、通勤途中や仕事中にうっかりボタンが外れてしまっては慌てます。簡単に思いがちなボタン付けも苦手な人にとっては大変な作業、でも浦和駅の洋服お直しのお店ならそんなボタン対応にも即対応です。

普段から携帯用のソーイングセットを持ち歩く人は今では稀、サラリーマンが常にビジネスケースの中にソーイングセットを完備ということはまずありません。ボタンの取れたままのジャケットで顧客の元へ行ったり、商談に向き合えるかと言えばなかなか集中はできなくなります。迷うことなく利用をするべきなのが浦和駅の洋服お直しのお店であり、ボタン付けなどは朝飯前、他にも衣類のことでの相談をしてもOKです。例えばジャケットのサイズが少し大きいとか、スラックスの丈が長すぎるなど、ミシンを使うような仕事も浦和駅の洋服お直しならば対応をすることができます。

ファスナーは比較的不具合を起こしやすい箇所ですが、それらの付け替えなども行ってくれますし、衣類のゴムが伸びていたとしたら、ゴムを新しいものと入れ替える作業もすべて丸投げで大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です