サイズが少しだけ大きいと感じた衣類は、自宅で自分の手で直せたら楽です。ズボン類は購入後に自宅で履いてみたら長くて、ミシンや手縫いで丈詰めをする事もあります。定規や針や糸などがあれば意外とできてしまうのも洋服お直し、高い技術力や知識が無いとしても簡単に直せるものは結構多いです。例えば夏場はもちろんのこと年間を通して重宝をするのがTシャツ、値段もリーズナブルで室内用としてもお出かけにも重宝をします。

デザインも自分好みではあるものの、少し大きいのが気になるならサイズダウンさせて、ジャストフィットのサイズにする事も可能です。ちょうどよいサイズのTシャツがあると見本になるので準備、それに大き過ぎるサイズを合わせてチャコペンで線を引いてカット、そのうえで縫い合わせていきます。洋服お直しというと難しそうに思えますが、誰かが一度は袖を通したであろう古着屋で売っているような、安価な衣類を購入して試しに直してみるのも一案です。その上でお気に入りの1枚を丁寧に、慎重に自分のボディサイズに作り直せば失敗をする事もありません。

洋裁初心者にとってはハードルの高さを感じることもあるので、洋服お直し専門店でプロに依頼をしてみるのも良い考えです。衣類を手直しするとしても誰でもできそうなものと、技術力もあるプロにお願いをした方が良いものがあります。特に失敗は絶対に避けたいなら、迷うことなく初心者よりも任せるべきなのは洋服お直しのプロです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です