*

医療機関、エステサロン等で行う脱毛の方法とその違いとは?脱毛は、安易にやって大丈夫なの?

医療機関美容外科での脱毛(Opening)

SPONSORED LINK


1.医療機関で行う医療レーザー脱毛とは?

医療機関美容外科での脱毛(医療レーザー脱毛とは)

医療機関で医療レーザー脱毛を行う場合、多くの場合には皮膚科や美容外科となります。

但し皮膚科であれば皮膚科の中でも主にレーザー脱毛を行っているのは美容に特化したクリニックとなります。

医療レーザー脱毛は医療用レーザー機器を使用した脱毛の方法で、黒い毛の色素のみに反応する特殊なレーザーを当てる事で毛を作る働きを破壊するものです。

医療機関での施術のため万が一肌トラブル等があった際にも安心できますし、医療機関のみが医療レーザー脱毛を行う事ができるためエステサロン等での脱毛と比較しても短期間で高い効果が期待できます。

また、医療レーザー脱毛は毛の太さを問わず確実に脱毛の効果を得る事ができ、ほぼ完全に毛を生えなくする、いわゆる「永久脱毛」が可能です。

エステサロン等の脱毛と比べると痛みが大きいという話も聞きますが、我慢できない痛みの場合、希望すれば麻酔クリームを使ってもらうことが可能だそうです。

 

2.エステサロン等で行う脱毛とは?

脱毛(エステサロン等の脱毛)

エステサロン等で行われる脱毛は光脱毛・フラッシュ脱毛などと呼ばれ、医療機関で使用するものとは脱毛機器の出力が異なる美容光脱毛を扱っています。

エステサロン等では医療行為が禁止されているため、脱毛機器の最大出力も医療レーザー脱毛機器と比べて3分の1ほどまでとなっています。

医療レーザー脱毛と比べると痛みは少なく、繰り返し照射する事によって毛混にダメージを与えていくものです。

サロン等では医療用のレーザーのような強い出力で毛を再生させるもととなる毛乳頭を完全に破壊することが禁止されているため、いわゆる「永久脱毛」は医療機関でしかできないと考えてください。

ただし、脱毛回数を重ねることで徐々に毛が目立たなくなり、ムダ毛が薄くなっていくことを実感でき、産毛が少し生える程度の状態までもっていくことが可能です。

医療機関と違い気軽に脱毛にトライできることやエステサロンは全国どこにでも展開しており土日や夜も営業していることも魅力の一つです。

 

3.おすすめの医療機関

脱毛(お勧めの医療機関)

1.関東に多く店舗があるのは『アリシアクリニック』です。

信頼と満足度を追求していて楽天リサーチの医療脱毛経験者が選んだ仕上がり度№1にも選ばれています。

料金も比較的安く月額払いも可能だそうですのでまずは無料のカウンセリングを受けてみる価値はあります。

♦ 公式ホームページ → 【医療脱毛専門】アリシアクリニック♪キャンセル0円だから通いやすい!!

 

2.通いやすさの高いクリニックとしては関東・関西や北海道、九州など全国に院をもつ『湘南美容外科クリニック』です。

金額も低価格で脱毛ができ、しっかりとしたカウンセリングや丁寧な施術で口コミでも高評価となっています。

まずは試しにワキ脱毛から始めてみるという方も多くいらっしゃるそうです。

♦ 公式ホームページ → 年間6000件、業界屈指の症例数 「湘南美容外科」

 

3.脱毛できる皮膚科で有名なのは『広尾プライム皮膚科』です。

恵比寿駅均衡に位置しており、美容皮膚科を専門とした女性のみの医師やスタッフが丁寧に対応してくれることで口コミでも高評価を得ています。

脱毛の流れや価格が詳しくホームページ内にて公開されています。

♦ 公式ホームページ → 広尾プライム皮膚科

 

4.美容皮膚科として『マリアクリニック』も口コミランキング上位に位置しています。

東京・横浜・大宮・沖縄にクリニックがあり、医療レーザー脱毛でも実績があるクリニックです。

こちらも各部位による細かい料金設定がホームページ内で紹介されています。

♦ 公式ホームページ → マリアクリニック

 

4.おすすめのエステサロン

脱毛(おすすめのエステサロン)

1.確かな技術で効果も高いと評判なのはやはり統合エステサロンとしても有名な『TBC』です。

金額が高めで勧誘も多いと聞きますが全国各地に店舗があることやより確実な脱毛がしたい方にオススメです。

♦ 公式ホームページ → 脱毛するなら今!好きな部位が選べるTBCのお得な脱毛体験♪初回限定価格  

2.人気の部位だけ試してみたいと考えるかたにオススメなのは『ミュゼプラチナム』です。

安いのに効果があると評判で、途中解約しても解約手数料なしで残り全額返金など良心的な料金設定も魅力です。

現在、ネット予約により両ワキ+Vライン脱毛が100円で回数無制限で受けられるキャンペーンも実施しています。

♦ 公式ホームページ → 【ミュゼなら回数無制限】両ワキ+Vライン美容脱毛が100円★追加料金ナシ!
 

3.全身脱毛を考えているならば『KIREIMO(キレイモ)』をオススメします。

大手サロンの中でも脱毛可能な部位がかなり多く初月0円、月額9500円での定額全身脱毛や無料の脱毛体験もオススメです。

♦ 公式ホームページ → KIREIMOでもっとキレイ

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

5.自分で行う脱毛の方法とは?

医療機関美容外科での脱毛(自分で行う脱毛とは)

自分で行う脱毛法としては、家庭用脱毛器を使用する方法や、ワックス脱毛、除毛クリーム等の方法があります。

家庭用脱毛器は値段もピン切りですが、安いものであれば2万円を切るものから、最も売れている『ケノンの脱毛器』はおよそ数万円程度となっています。


家族で使用できることやエステサロンなどに通う時間と費用を考えて家庭用脱毛器を選択する方も多いようです。

脱毛ワックスではブラジリアンワックスが注目されています。

↓↓↓
 

 

はちみつやレモンを使って自分でワックスを作ることもできます。

ワックスを使用した脱毛はワックスで毛を固めて一気に剥がすもので、慣れないとかなりの痛みを伴うため、初めての方はエステサロン等で施術してもらうことをオススメします。

また、最も手軽な除毛クリームはクリームを塗って洗い流す(ふき取る)という簡単な作業で表面の毛を溶かすもので、毛の生えるスピードを抑えることもできます。

 

6.それぞれの方法のメリット、デメリットとは?

医療機関美容外科での脱毛(メリットデメリット)

1.医療機関で行う脱毛は専門の医師が施術することで安心感や高い効果が期待できることがメリットとして挙げられます。

デメリットとしては医療レーザー等の脱毛でも1度の施術ではなく何度も通う必要があることや、デリケートゾーン等の脱毛の場合は体を見られるのは恥ずかしい…と感じる方も多いと思います。

また、目に見えて脱毛の効果が実感できるまでは少なくとも2~3回、完全に脱毛できたと感じるまでには5~6回通う必要があることや、赤みやヒリヒリなどの炎症が長く続く場合は2~3日、最悪の場合は跡が残ってしまうというリスクが伴うことがデメリットです。

ただし、医療機関での施術ということもあり、そのような肌トラブルには早急に処置してもらえるためほとんどの場合心配無いとのことです。

 

2.エステサロン等で行う場合、医療機関と異なり気軽に脱毛に挑戦できることや、長期間通うことによって医療レーザー脱毛と同じように永久脱毛に近い状態までもっていけること、自分で脱毛を行うよりもムラの無い仕上がりになるなどの利点が挙げられます。

さらに医療機関と比べると費用が安く抑えられることもあります。

デメリットとしてよく聞くのは、土日等はなかなか予約が取りにくい、何年も通っているのに効果が薄い、低価格なキャンペーンで始めたが毎回しつこい勧誘に合い、思っていたより効果が無く費用がかさむ、などが挙げられます。

エステサロンでの脱毛の場合は毛がほとんど生えなくなったと効果を感じるまで12~27回と、医療機関と比べると約3~4倍の回数通う必要があります。

 

3.家庭で行う脱毛の場合、医療機関やサロンと違い自宅で自分の時間に合わせて行うことのできる手軽さや価格を抑えられることがメリットとして挙げられますが、ワックスや除毛クリームの場合効果は永久では無く一時的であることや、家庭用脱毛器等はデリケートゾーンに使用することができないこと、いずれの方法でも万が一肌トラブルが起こる場合も考えられることがデメリットとして挙げられます。

 

7.脱毛は失敗例もある。注意すべきことは?

医療機関美容外科での脱毛(失敗例)

医療レーザー脱毛やその他様々な脱毛方法を紹介しましたが、脱毛であっても失敗例があります。

例えばエステサロン等で脱毛していた場合に2年経っても効果が薄く通い終わらない、などはよく聞く話です。

特にエステサロンの場合には医師がおらず資格が無くても施術を行うことができるので万が一の肌トラブルにも店舗では対応してくれません。

さらに医療レーザー脱毛と比べてパワーの弱いレーザーを使用しているため、効果を得るには長期間通う必要があります。

このような点で予想していたものと結果や費用が異なったり、途中でエステサロン等での脱毛を諦めて医療レーザー脱毛に変えてしまう方もいらっしゃいます。

また、医療レーザー脱毛の場合においてもクリニックで術後の注意点などをよく説明してくれなかったために日焼けやプールなどで雑菌が入り肌荒れを引き起こすケースや、レーザー脱毛を行ったのにも関わらず逆に毛が太くなったり増えてしまう硬毛化という現象が起こる事があります。

特に産毛や細い毛がある場所に起こりやすく、スペインでの症例においてレーザー治療により硬毛化が起きる可能性は10%と報告しているそうです。

ワキなどのもともと毛が濃い部分には起こりにくい症状だそうですが、安易に脱毛を考えて逆に毛が濃くなってしまったのではショックが大きいですよね。

また、美容クリニックで格安のコースを申し込んだつもりでも実は再診料や剃毛料等で予想よりかなりの高額になったというケースもあります。

医療機関であっても脱毛を始める前によく料金や注意点の説明を受けることが必要です。

 

8.まとめ

医療機関美容外科での脱毛(まとめ)

1.美容系の皮膚科や美容外科で行われる医療レーザー脱毛は、医療機関だけに認められた脱毛の方法であり、特殊なレーザーを当てる事で毛を作る働きを破壊するものです。他の脱毛法に比べても脱毛の効果が高いと言えます。

 

2.エステサロンでの脱毛はおもに光脱毛という医療機関よりもパワーの弱い脱毛機器の使用しか認められていません。

完全に脱毛の効果を得たと感じるまでに医療機関での脱毛は5~6回、エステサロンでの脱毛の場合は12~27回と効果に差があり、約2~4倍の回数通う必要があります。

よってこれらを含めて時間と費用を見積もる必要があります。効果が出るまでの期間は人それぞれだと思いますが結果的には医療レーザーのほうが短期間で費用も抑えられたという方も多くいらっしゃいます。

 

3.また、自宅でも簡単に脱毛ができる家庭用脱毛器やワックス等の方法もありますが、それぞれの方法にはメリットとデメリットがあります。

医療機関での脱毛であっても事前に費用や期間、注意点を聞いておくこと、脱毛が失敗する場合もあるというリスクも頭に入れて、脱毛を安易に考えずに自分に合った方法を探してみてください。

スポンサーリンク

関連記事

ホクロ除去(失敗例)

ホクロを除去する方法とは?除去は安易にやって良い?

気になるホクロ、医療機関や自宅でも除去することは可能です。 ただし、それぞれリスクやメリッ

記事を読む

赤ちゃん肌(Opening)

赤ちゃん肌になる方法とは?思わずほっぺでスリスリしたくなるような肌になりたい!

みんなの憧れ赤ちゃん肌…今からでも遅くない? 赤ちゃん肌を目指す方法をご紹介します!!

記事を読む

ブライダルエステ(お勧め).png

ブライダルエステ(ウェディングエステ)の効果とは?一生に一度の結婚式、必ずやるべきです。

一生に一度の結婚式。 ドレスに袖を通す前にしなければならないのが、体のケアです。

記事を読む

メンズエステ(強引な勧誘はあるの?)

メンズエステの効果とは?おすすめのエステをご紹介。1度、体験してみては?

エステ、と聞くと女性がやるものというイメージが強いですよね。 しかし男性が受ける『メン

記事を読む

ヒゲ脱毛の効果とは?おすすめのエステをご紹介。注意点もお伝えします。

1.ヒゲ脱毛とは?永久に生えなくなるの? ヒゲ脱毛とは、ヒゲが濃いなどの悩みを抱えた方

記事を読む

フェイシャルエステ(Opening)

フェイシャルエステの効果とは?おすすめのエステをご紹介。あなたも1度、体験してみては?

フェイシャルエステ、と聞くといかにもセレブのやりそうな贅沢な事に思えてついつい身構えてしまい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑