*

片頭痛(偏頭痛)の原因とは?天気も影響するって本当?

1.片頭痛以外の頭痛の種類は?

片頭痛(Opening)

頭痛の種類には、風邪や二日酔いなどが原因の日常的に起こる頭痛から、原因となる他の病気がなく繰り替えし起こる「慢性頭痛」、脳の病気などに伴う危険な頭痛などがあり、特に慢性頭痛は大きく分けて下記の3つの種類があります。

1.頭の片側に起こることが多く脈に合わせて痛むような「片頭痛」

2.首周りの筋肉が緊張して凝り固まることによる「緊張型頭痛」

3.いつ起こるか分からない頭痛で一定期間集中して起こる「群発性頭痛」

などがあります。

また、「偏頭痛」という言葉を見たことがあるかもしれませんが、医学界用語では「片頭痛」が正しい漢字での表記です。

ただし、辞書などにおいては「偏頭痛」が第一に上がっていたり、一般的に流用されているため、医学用語として正しくは「片頭痛」ですが「片頭痛」と「偏頭痛」は同じものと考えて良いと思います。

片頭痛(片頭痛以外の頭痛の種類は?)

SPONSORED LINK


2.片頭痛が起こるメカニズム

片頭痛(メカニズム)

片頭痛は何らかの原因により、脳の血管が急激に拡張することで起こるとされています。

何らかの原因で神経が刺激されると神経末端から炎症物質が放出され、その炎症物質がさらに血管を拡張することで「ズキン、ズキン」と脈に合わせて拍動するような痛みをもたらすと考えられています。

 

3.片頭痛の原因とは?

片頭痛(原因は?)

具体的な原因として考えられているのはストレスや人混みなどの騒がしい環境、女性の場合にはホルモンの変動などがあげられます。

特にストレスの関係は多く報告されており、日常的にストレスの多い環境に身を置いている人が週末になってストレスから解放されると急に片頭痛に襲われるといった、心身のストレスから解放されたときに副交感神経の影響で急に血管が拡張することが原因となっているケースも多いようです。

また、片頭痛は男性に比べて女性のほうが約4倍多くみられるそうです。

これは女性ホルモンが生理周期によって変動することが影響していると考えられています。また、妊娠中にホルモンバランスが変化した際にも頭痛が起こりやすいと言われています。

 

4.その日の天気も原因になるの?

片頭痛(天気も原因?)

低気圧が近づくと頭が痛くなる」と訴える方が多くいるそうです。

意外かもしれませんが、温度や湿度などの気象条件も片頭痛の発症に関連していることが報告されています。

具体的には気温が急に上昇した後や、湿度が高くむしむししているとき、低気圧の通過に伴い天気が崩れたときなどが挙げられ、台風や梅雨の時期に片頭痛が増えるといわれています。

天気が悪くなるとなんとなく気分も落ち込むことから、ストレスとの関連も考えられますが、その日の天気も片頭痛の原因になる、というのは間違いではありません。

 

5.片頭痛が起きた時の対処法

片頭痛(対処法)

片頭痛が起きたとき、1番良い方法は安静にして休眠をとることです。

リラックスできる環境に移動して、可能であれば少し睡眠をとると楽になります。

仕事中などに突発的に起こってしまった場合には椅子に座って安静にしているだけでも症状は軽くなります。こめかみを何度か押さえることで症状が緩和する場合もあります。

また、片頭痛の場合、頭を冷やすことは効果的です。冷たいタオルや冷却シートなどを額に乗せたり、氷枕などをタオルに包んで頭の下に敷いた状態で仰向けに寝ると楽になります。

冷やすことで血管が収縮するため拍動を抑えて痛みを軽減させるためです

ただし、片頭痛ではなく緊張型頭痛など、異なる原因の頭痛の場合に温めると痛みが楽になるものもあるため、区別に注意が必要です。

さらに、ストレッチによる改善法も様々紹介されているので動画でご覧ください。

 

【動画:片頭痛が!短時間でどこでもスッキリ!!】

↓↓↓↓↓↓


どうしても収まらない片頭痛には頭痛薬を飲むことで症状を抑えることも1つの方法です。

いざという時のために頭痛薬を持っておくだけでも気持ちが楽になります。

ただし、頭痛の原因が他にある場合も考えられますので薬に頼りすぎるのは禁物ですし、薬を飲みすぎることによってさらに頭痛を引き起こしている場合も考えらます。

何度も繰り返す頭痛は一度医師の診断を受けることをおすすめします。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

6.片頭痛の予防方法

片頭痛(予防方法は?)

片頭痛の予防のためにはまず生活習慣を改善することが1つの方法です。

片頭痛は何らからの原因によって起こるため、例えば、

1.睡眠不足や過労によるストレスをため込みすぎないようにする。

2.デスクワークなど長時間一定の姿勢を保持する場合には定期的に体を動かして血流を良くする。

3.飲酒や喫煙の習慣を見直す。

など原因と考えられる事項を少しでも改善するよう心がけることで予防することができます。

また、まぶしい場所や騒音でも片頭痛が誘発されることがあるため、サングラスをかけたり混雑時を避けて外出するなど、外部からの刺激をできるだけ回避することでの予防も1つの方法です。

 

7.片頭痛に治療法はあるの?

片頭痛(治療方法は?)

片頭痛の場合、トリプタン系の薬剤など片頭痛の治療薬を処方してもらい症状を緩和することは可能です。

ただし、本当に片頭痛なのか、脳の病気による頭痛の可能性は無いのかをしっかりと医師に診断してもらってから、必要であれば薬を飲むことが重要です。

また、カルシウム抗活薬などの予防薬を長期間飲むことで片頭痛を予防するなどの方法もあります。

薬を処方してもらう方法以外に自分でできる治療・改善法としては食品による改善です。ビタミンB2やマグネシウムも片頭痛に効果があるとされており、サプリメントや食品からこれらを摂取することで効果が期待できます。

また、「葛根湯」や「桂枝人参湯」などの漢方薬も片頭痛に効果があるといわれているので一度試してみると良いかもしれません。

また、MRIなどで診断しても脳などに異常がないに頻発する片頭痛の場合には心理的な要因が深く関係するとして心療内科などの受診を勧められるケースもあります。

いずれにせよ、自分の片頭痛の原因が明らかになるまである程度長期間の治療となることも覚悟する必要があります。

 

8.片頭痛との付き合い方

片頭痛(片頭痛との付き合い方)

片頭痛が多い方は、普段から頭痛の発作に備えておくと良いでしょう。

外出時、いざという時のために常に頭痛薬や水を持ち歩いておくと気持ちも楽になります。

また、片頭痛持ちの方の多くは片頭痛の予兆がある、と感じているようです。例えば目がちかちかしたり、普段気にならない音が気になったり、においに敏感になるなどした後に頭痛が起こることが多く、このような予兆が出た場合にはできるだけ静かなところで座って休むことも必要です。

自分の片頭痛が起こる要因が分かっている場合には積極的に改善し、

要因が分からない場合には頭痛が起きた際の状況や起きる前に自分がしていたことを記録しておいて原因を探ることなど、

まずは生活習慣から見直すことで片頭痛と付き合い、改善していきましょう。

 

9.まとめ

片頭痛(まとめ)

頭痛の種類には、風邪や二日酔いなどが原因の日常的に起こる頭痛から、原因となる他の病気がなく繰り替えし起こる「慢性頭痛」、脳の病気などに伴う危険な頭痛などがあり、片頭痛(偏頭痛)は慢性頭痛のうちの1つです。

片頭痛は何らかの原因により、脳の血管が急激に拡張することで起こるとされ、天気の変化も片頭痛の原因になることが報告されています。

片頭痛はストレスや生活習慣が大きく影響していると考えられるため、普段から片頭痛の発作に備えておくことや原因を見つけて排除することで片頭痛と上手に付き合い、改善していきましょう。

 

◆痛み止めを飲んでも、病院に行っても、頭痛が治らないとお悩みならこちら!

↓↓↓↓↓↓
劉先生の自宅で出来る頭痛・めまい解消法

スポンサーリンク

関連記事

閉所恐怖症(伝える)

閉所恐怖症の人がMRI検査を受ける時の対策方法とは?

閉所恐怖症だけどMRI検査は受けられる…?どんな方法があるかご紹介します。 1.検

記事を読む

マスクって実際、効果があるの? 意外と知らない効果的な使い方とは?

外に出ると、かなりの確率でマスクをした人を見かけます。 マスクって実際、効果があるので

記事を読む

ダイエットリバウンド(リバウンドとは?).jpg

誰もが経験するダイエット後の悪夢のリバウンド。 これを防ぐための確実な方法とは?

2ヶ月で12㎏ものダイエットに成功したアイドルが、わずか1ヶ月でリバウンドしてしまい、その後

記事を読む

昼寝(量より質)

昼寝に最適な時間とは?寝過ぎは逆効果?質の良い睡眠とは?

お昼ご飯を頂いた後は大抵誰でも眠くなるものです。 さあ昼寝をしようと布団に入り、気付い

記事を読む

トイレが近い(まとめ)

トイレが近い!その原因と対策法とは?

人よりトイレが近い気がする、トイレが近くて困っている、そんな方は必見です。原因と対策法をご紹

記事を読む

朝の口臭はなぜなのでしょう?本当の原因を知っていますか?

朝、自分や他人の口臭が気になる人は多いはず。 最近では口臭が原因のスメルハラスメントという言葉

記事を読む

頭皮マッサージ(老化の防止)

美容室で必ず勧められる頭皮マッサージ。その想像以上の効果とは?

美容室のメニューを眺めていると、大抵の店で見つける頭皮マッサージ。 美容師さんからも結

記事を読む

手足のしびれ(原因)

ずっと続いている手足のしびれ。原因は色々ある。怖い病気が隠れているかも?

気付いたら手足が痺れてる。しかもそれがずっと続いている。そんな悩みを抱えてはいませんか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑