*

那覇まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

那覇まつり(Opening)

那覇まつりの名称が「 那覇大綱挽まつり 」と変更されたのをご存知でしょうか?

この那覇大綱挽まつり、一体どのようなお祭りなのでしょう。

SPONSORED LINK


1.那覇まつりの概要と歴史

那覇まつり(概要と歴史)

那覇大綱挽まつり(那覇まつり)は、毎年体育の日の3連休の中日(日曜日)に那覇市の中心部で行われる伝統的なお祭りです。

当日はギネス級の大綱挽が行われます。

この綱挽はなんと観光客も参加できるので、それも魅力の一つとなっています。

また、大綱挽の前日と翌日を含めた三日間は、那覇市内各所でライブイベントなどが開かれます。

 

沖縄県内では、綱引きでその年の吉凶を占う風習が各地に残っています。

まつりの歴史は古く、17世紀にまで遡ります。

那覇が首里の外港として栄え始めた頃、西村、東村、若狭町村、泉崎村の「那覇四町」が成立しました。

そうした中「那覇四町大綱」(ナーファユマチウーンナ)という、四町が東西に分かれて女綱(ミーンナ)と男綱(ヲゥーンナ)をかぬち棒でつなぎ、綱を引き合うという行事が生まれました。

その後周辺の村々も行事加わるようになり、ついには琉球王国の国家的催事となります。

1812年には「那覇綱挽規模帳」が作成され、祝賀行事として地元の人に楽しまれるだけでなく、薩摩藩や清等の外交使節の歓迎行事としても催されるようになりました。

この大綱挽は明治期以降も不定期に開かれていました。

しかし戦争の足音が近づいてきた1935年の開催を最後に、一旦途絶えてしまうことになります。

その後長きに渡って途絶えていた那覇まつりは1971年、沖縄の本土復帰の前年に、那覇市長である平良良松氏が市制50周年記念事業として10月10日に復活させました。

那覇市の一部となっていた首里、小禄、真和志も加えた東七町、西七町での対戦となり、現在では市を挙げての一大イベントとなりました。

 

2.2017年那覇まつりの日程は?

那覇まつり(日程).jpg

2017年第47回の那覇大綱挽まつりの日程は、今年も三連休である、

10月7日(土曜日)、8日(日曜日)、9日(月曜日)に決まりました。

 

 

3.那覇まつりの開催時間は?

那覇まつり(開催時間)

2017年那覇まつり(那覇大綱挽まつり)の開催時間は、以下の通りです。

1.1日目(7日 土曜日)

・14:00~18:30

市民・芸能パレード(ディズニー・パレード)

国際通りがメインとなります。(車通行不可なので要注意)

長い道路を利用して、地元の市民団体や企業や芸能団体によるパフォーマンスパレードが行われます。

 

2.2日目(8日 日曜日)

・11:30~17:00

前半…旗頭行列(14:00頃まで)

後半…那覇大綱挽(14:30頃より)

場所…国際通りの久茂地交差点付近

 

4.那覇まつりの開催場所とアクセス方法は?

那覇まつり(開催場所、アクセス方法).jpg

那覇大綱挽まつり(那覇まつり)の開催場所は、国際通り(旗頭行列)と国道58号線久茂地交差点(那覇大綱挽)です。
沖縄県那覇市久茂地2丁目2−2

 

1.車で行く場合

・那覇空港からおよそ15分 ⇒ 那覇西道路(海中トンネル)を使うとおよそ16分

 

2.路線バスで行く場合

・那覇空港バス停 25番か120番 から乗車

 

3.モノレール(ゆいレール)で行く場合

・県庁前駅もしくは旭橋駅で降りると便利です。

 

5.那覇まつりのお勧めの観覧スポットは?

那覇まつり(観覧スポット)

祭りの夜のメインイベントは、花火 🎆です。

祭り期間中の夜は全て花火が上がります。

時間は夜8時からです。

打ち上げ場所は、奥武山公園の陸上競技場からとなります。

車に乗っている方ですとスムーズに場所を確保できそうですが、徒歩の方はビアフェスト会場をお勧めします。

こちらからはかなり近くで見ることができるようです。

またビアフェスト会場では、ステージ前に座れるようなスペースが設けられています。

ステージ奥にテーブルも沢山ありますが殆ど早く埋まってしまうので、テーブル希望の方は早めに場所取りを行った方が良いでしょう。

                   スポンサーリンク


6.那覇まつりの混雑状況は?

那覇まつり(混雑状況).jpg

那覇まつり( 那覇大綱挽まつり )の混雑状況ですが、その参加人数は約28万人と言われています。

またそのうち綱の引き手は1万5000人~2万人とも言われています。

大盛況ですね。

 

7.お勧めの駐車場は?

那覇まつり(お勧め駐車場)

当日は交通規制があります。

・11:30~14:00 国際通り(安里三叉路~県庁前交差点)

・14:30~19:00 国道58号線(松山交差点~泉崎交差点)

 

国際通り付近の駐車場は、有料であっても8割方埋まってしまうようです。

ただその周辺の駐車場であれば割と駐車できるようです。

ただし路駐はお勧めしません。

取り締まりの目がかなり厳しいので、あっという間に取り締まりされてしまいます。

やはり基本的には公共交通機関での移動をお勧めします。

 

8.お勧めの宿泊場所は?

那覇まつり(Opening)

お勧めの宿泊場所は、ホテルオーシャンです。

このホテルの特色は、「女性・お子様連れに嬉しい全室禁煙のホテル!」ということで、女性やお子さんに優しいホテルとなっています。

場所も国際通り沿いの好立地ですし、ホテルの朝食は沖縄料理が豊富ということで有名です。

また、おむつプレゼントもあるということで小さなお子さん連れには嬉しい限りです。

(宿泊の予約は格安プランが豊富なこちらから!⇒ 出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!

住所:〒902-0067 沖縄県那覇市安里2-4-8
沖縄県那覇市安里2-4-8

 

9.那覇まつりの見どころは?

那覇まつり(見どころ).jpg

那覇まつり( 那覇大綱挽まつり )の見どころは多いです。

まず旗頭行列の見どころですが、倒れそうになる瞬間が見どころのようです。

ギリギリの状態から持ち直すまでを、手に汗握り固唾を飲んで見守る人も多いのだとか。

次にメインの大綱挽です。

綱の長さは約200mにも及びます。しかしその重さは、なんと43トンもあります。

そして綱の直径はおよそ1.5mですので、想像もつかない規模での綱挽となりそうです。

綱は持ち帰り可なので、旅の記念にもなりますね。

綱挽きの前にも、その他多数の見どころがあります。

空手演武

かぬちちじ(東西で綱を引く前に、雄綱と雌綱を一つにつなぎ合わせる行事)

支度(そのまましたくと読みます。歴史上の人物に扮して見得を切ることを言います)

 

そして奥武山公園では屋台が出ます。沖縄独自のドル表示です。ドル支払いも出来ます。

 

10.那覇まつりに行ったら気をつけること

那覇まつり(気を付けること).jpg

会場にトイレはありません。

公衆トイレ(近隣の公園やモノレール駅など)、宿泊先や店舗のトイレを貸して頂くしかないでしょう。

そして当日は中央の桟敷席が設けられるそうです。

これは来賓客、顧問といった招待客のみ座ることができる席ですので、一般客は座れません。

 

11.まとめ

秋の沖縄で行われる伝統的なお祭り。ギネス級の大綱挽の迫力は満点でしょうね。

近くにお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事

名古屋まつり(日程)

名古屋まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.名古屋まつりの概要と歴史 名古屋まつりは昭和30年に「名古屋商工まつり」として始まった

記事を読む

十日市(アクセス方法)

十日市 in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

今年も十日市の日が近付いてきました。 十日市とは福島県浪江町のお祭りです。 見ど

記事を読む

唐津くんち(お勧めの駐車場)

唐津くんち in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

「くんち」という言葉を聞いたことがありますか? くんちとは、九州地方で使われている言葉

記事を読む

川越まつり(Opening)

川越まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

関東で規模の大きな三つのお祭りといえば、千葉の佐原の大祭、茨城は石岡のお祭りが有名です。

記事を読む

森の祭り(見どころ)

森の祭り in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

森の祭り。 あなたはどのようなお祭りを想像するでしょうか。 豊かな森林の中で行わ

記事を読む

おはら祭り(駐車場)

おはら祭 in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

(※この記事は2017年10月24日に更新しました) 南九州最大のお祭りといえば、そう

記事を読む

鳥越祭り(提灯)

鳥越祭 in 2017!日程・アクセス方法と見どころを大特集!

東京都台東区で行われる鳥越祭。 これがとにかくアツい?!都内最大級の神輿で行われるこの

記事を読む

コスモスまつり(千葉県香取市)in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

コスモスといえば秋の風物詩ですね。各地で行われているコスモスまつり。 関東にお住まいの方にオス

記事を読む

沖縄の産業まつり(見どころ)

沖縄の産業まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

沖縄の産業まつりのこと、ご存知でしたか? 有名な那覇大綱挽まつりの開催から約2週間後に

記事を読む

大津祭(混雑状況)

大津祭 in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.大津祭の概要と歴史 大津祭は江戸時代の初めから300年以上も続く滋賀県大津市のお祭りで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑