*

西条まつり in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

西条まつり(Opening)

1.西条まつり の概要と歴史

↓↓クリックすると大きくなります。

西条まつり(概要と歴史).jpg

西条まつりは愛媛県西条市で江戸時代から続く伝統的な秋祭りです。

五穀豊穣を感謝する神事であり、伊曽乃(いその)神社、嘉母(かも)神社、石岡(いわおか)神社、飯積(いいづみ)神社の4つの神社で行われる例祭の総称です。

この中で最も大きい祭りが伊曽乃神社の例祭であり、西条祭りといった場合にはこの伊曽乃神社の祭りをさすことが多いようです。

市内の氏子各町に所属する約150台の屋台(だんじり、神輿、太鼓台)が奉納され、その数は日本一ともいわれています。

多数の屋台による勇ましい迫力と提灯による幻想的な光を楽しむことができ、愛媛の人に愛されるお祭りです。

【動画:西条まつり】


SPONSORED LINK


2.2017年 西条まつりの日程は?

西条まつり(日程)

2017年10月7日(土)~ 8日(日)  嘉母神社祭礼(嘉母神社は毎年体育の日の前々日・前日に行われます。)

2017年10月14日(土)~ 15日(日) 石岡神社祭礼

2017年10月15日(日)~ 16日(月) 伊曽乃神社祭礼

2017年10月16日(月)~ 17日(火) 飯積神社祭礼

 

 

3.西条まつりの開催場所とアクセス方法は?

1.場所 愛媛県西条市内各所

2.公共交通機関でのアクセス

・嘉母神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約7分

・石岡神社:JR伊予氷見駅から徒歩約7分

・伊曽乃神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約15分

・飯積神社:JR伊予西条駅よりタクシーで約15分

・それぞれJR伊予西条駅からバスでの来場も可能です(約10分)

3.車でのアクセス

・松山自動車道 いよ西条ICより車で約15分

↓↓クリックすると大きくなります。

西条まつり(開催場所).jpg

 

4.西条まつりのお勧めの観覧スポットは?

西条まつり(観覧スポット)

おすすめスポットは西条市街と伊曽乃神社の間を流れる加茂川土手です。

ここでは夕刻より西条まつり最大の見どころである「川入り」を見ることができます。

この川入りを観覧するために大勢の人が正午ごろから場所取りに集まるため場所は一目でわかります。

土手は斜面になっているので混雑していても比較的楽に観覧することが可能です。

また、真夜中に西条まつりを訪れることができる方にぜひ見てもらいたいスポットは御旅所です。

真夜中、御旅所に神輿が到着する時間には西条まつりが最高潮に盛り上がり、提灯の明かりに照らされただんじりが激しく揺れ、お堀の水面に映る様子は幻想的です。

西条まつりでは有料観覧席等は設置されておらず、昼夜を問わず祭事がとり行われているので都合のつく時間帯によって観覧場所を絞って向かうことがおすすめです。

 

5.西条まつりの混雑状況は?

西条まつり(混雑状況)

西条まつりは西条市の人々にとって特別なお祭りであり、祭りの期間中はほとんどのお店が休業します。

さらに地元の方だけでなく四国や本州から毎年20万人を超える観光客が訪れ、祭り期間中はかなりの混雑となります。

                   スポンサーリンク


6.お勧めの駐車場は?

西条まつりでは無料の臨時駐車場があります。

西部公園(西条市氷見乙)

加茂川橋下臨時駐車場(西条市中野甲)1500台

車でのアクセスの際は台数も多く会場から近い加茂川橋下臨時駐車場がおすすめですが早めの時間に駐車することをおすすめします。

会場周辺は通行規制が行われるためご注意ください。

↓↓クリックすると大きくなります。

西条まつり(駐車場)

7.お勧めの宿泊場所は?

ホテル オレール西条
西条まつり(ホテルオレール西条1) 
西条まつり(ホテルオレール西条2)

伊予西条駅から徒歩1分の近場に位置し、無料駐車場を完備したビジネスホテルです。

料金も1泊一人4000円とリーズナブルなため車でのアクセスで宿泊料金は抑えたい方にお勧めです。

西条アーバンホテル
西条まつり(アーバンホテル1) 西条まつり(アーバンホテル2)


こちらも伊予西条駅から徒歩1分の近場にあり、無料駐車場を完備しています。

オレール西条と比べると料金は割高ですが最上階の展望浴場や和洋朝食バイキングなどが人気で、ゆっくりとくつろぎたい方にもおすすめです。
(宿泊の予約は格安プランが豊富なこちらから!⇒ 出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!

8.西条まつりの見どころは?

西条まつり(見どころ)

一番の見どころは16日に行われる加茂川への川入りです

だんじり65台が土手に整列して見守る中、神輿とだんじり11台が合図と共にいっせいに川へ入る様子は圧巻です。

神輿が川入りの際にだんりじが神輿の周囲を取り囲み、神様とのお別れを名残惜しむかのように神輿を渡らせまいとする攻防を10分程度見ることができます。

西条まつりに初めてお越しの方や、どこを見るか迷っている方は特にこの川入りを観覧することをお勧めします。

【動画:西条まつり 川入り】


 

9.西条まつりに行ったら気をつけること

西条まつり(気を付けること)

西条まつりは4つの神社のお祭りのため、日程が重なっており、昼夜問わずお祭りが行われています。

特に重複する日に関しては事前にどの神社のお祭りに行くか計画を立てて観覧場所を絞って向かうことをおすすめします。

また、西条まつりではだんじり同士をぶつけ合うことはしないのでその点は安心してください。

10月半ばということもあり体温調節のできる上着などの準備もあったほうが良いでしょう。

注意点としては川入り終了後の加茂川周辺は道路が大渋滞します

この時間はタクシーも確保も難しいので、駅まで歩くほうがスムーズかもしれません。

その他の時間は基本的に楽にタクシー移動をすることができます。

 

10.まとめ

西条まつり(まとめ)

西条まつりは愛媛県西条市で江戸時代から続く伝統的な秋祭りであり、4つの神社で行われる例祭の総称です。

まつりでは市内の氏子各町に所属する約150台の屋台(だんじり、神輿、太鼓台)が奉納され、その数は日本一ともいわれています。

特に多数のだんじりが土手に整列して見守る中、神輿とだんじり11台が合図と共にいっせいに川へ入る川入の様子は西条まつりの最も有名な場面であり、圧巻です。

多数の屋台による勇ましい迫力と提灯による幻想的な光を楽しむことができ、愛媛の人に古くから愛される西条まつり、今年はぜひそ迫力と幻想的な雰囲気に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

川越まつり(Opening)

川越まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

関東で規模の大きな三つのお祭りといえば、千葉の佐原の大祭、茨城は石岡のお祭りが有名です。

記事を読む

沖縄の産業まつり(見どころ)

沖縄の産業まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

沖縄の産業まつりのこと、ご存知でしたか? 有名な那覇大綱挽まつりの開催から約2週間後に

記事を読む

仙台みなとまつり(開催時間)

気仙沼みなとまつり in 2016 日程・アクセス方法と見どころをチェック!

1.気仙沼みなとまつりの概要と歴史 気仙沼みなとまつりは昭和24年、当時気仙沼

記事を読む

那覇まつり(観覧スポット)

那覇まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

那覇まつりの名称が「 那覇大綱挽まつり 」と変更されたのをご存知でしょうか? この那覇

記事を読む

唐津くんち(お勧めの駐車場)

唐津くんち in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

「くんち」という言葉を聞いたことがありますか? くんちとは、九州地方で使われている言葉

記事を読む

祇園をどり(見どころ)

祇園をどり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

(※この記事は2017年10月24日に更新しました) https://youtu.be/dYx

記事を読む

飯坂けんか祭り in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

今年もいよいよ「飯坂けんか祭り」の季節がやってきました。 けんか、と聞くと何だか物騒な

記事を読む

杭全神社夏祭り(ポスター)

杭全神社夏祭り in 2017 日程、見どころを大特集!

杭全神社夏祭りの伝統あるだんじり曳行、必見です!見どころを紹介します! 1.杭全神社夏祭り

記事を読む

祇園祭 山鉾巡行(開催時間)

祇園祭 山鉾巡行 in 2017 日程・アクセス方法・注意事項と見どころをチェック!

日本の三大祭の一つが、京都の祇園祭です。 毎年数十万人が訪れる祇園祭 山鉾巡行。今回は

記事を読む

ロームイルミネーション(日程)

ロームのイルミネーション in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

季節が冬になってくると見たいものといえば、イルミネーションですね。 イルミネーションは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑