*

祇園をどり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

(※この記事は2017年10月24日に更新しました)



京都の舞妓さんを生で見たことがありますか?

私はありません。

日本人に生まれたのなら、一度は見たい舞妓さん。

実は祇園をどり、というイベントで、この舞妓さんを見ることが出来るんです

SPONSORED LINK


1.祇園をどりの概要と歴史

祇園をどり(概要と歴史)

祇園をどりは、祇園東歌舞会の舞妓・芸妓による舞踏公演です。

1952年(昭和27年)に「祇園乙部」という名称から「祇園東新地」という名称に変更した際に芸舞妓が上演したのが起源です。

なおこの祇園橋東新地は、やがて祇園東と名前を変えます。

祇園乙部は、江戸時代の初期に八坂神社の前で商いをしていた水茶屋とそこで働いていた「茶点て女」という女性が起源のようです。

 

ある時、京都所司代である板倉重宗によって茶点て女を置くことが許可されました。

そしてその時から八坂神社(祇園社)門前の茶屋町をまとめて「祇園町」と言うようになったそうです。

1881年(明治14年)には祇園甲部から分離し、そして独立しました。

祇園東は膳所裏(ぜぜうら)とも呼ばれています。

これはかつて膳所藩屋敷があったことにちなんでいるそうです。

祇園東の舞踊は藤間流という流派です。以前は温習会も開催していたそうですが、現在はなくなりました。

それ以降、祇園をどりは毎年決まって11月に行われるようになりました

五花街 (上七軒・祇園甲部・先斗町・宮川町) の中では唯一秋に行われるので、祇園は人気があります。

 

2.2017年祇園をどりの日程は?

祇園をどり(日程).jpg

2017年の祇園をどりの日程は、

2017年(平成29年)11月1日(水曜日)から11月10日(金曜日)まで

行われます。

 

3.祇園をどりの開催時間は?

祇園をどり(開催時間)

2017年の祇園をどり開催時間ですが、公演は1日に2回行われます。

1回目は13:30~14:30

2回目は16:00~17:00です。

 

4.祇園をどりの開催場所とアクセス方法は?

祇園をどり(開催場所).jpg

2017年の祇園をどりの開催場所は、祇園会館です。
住所…京都府京都市東山区祇園町北側323
京都府京都市東山区祇園町北側323
電話番号…075-561-0160
最寄り駅・バス停…祇園(徒歩すぐとのことです)

1.電車で行く場合

京阪電鉄本線…祇園四条駅にて下車(徒歩約3分)
阪急電鉄京都線…河原町駅にて下車(徒歩約5分)

2.バスで行く場合

京都駅から乗る場合
100系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)

四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮から乗る場合
46系統、201系統、203系統、207系統

河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町から乗る場合
202系統

 

5.祇園をどりのお勧めの観覧スポットは?

祇園をどり(観覧スポット)

祇園をどりを観覧するためには、有料のチケットが必要となります。

席種、料金は以下の通りです。

・茶席券付観覧席(指定席)4,500円
・観覧席   (指定席)4,000円

公演日・席種ごと、満席になり次第購入出来なくなります。

全席指定席です。

申込の先着順で祇園東歌舞会で配席されます。

なお、座席の位置は「おまかせ」のようです。場所に関する希望は一切通らないようなので注意です。

席番は、開演の1時間前より窓口で引き換え出来ます。

当日の先着順ではありませんので、当日早くから並んでも無意味のようです。

チケットの予約は以下のサイトから可能です。

希望の方は早めのお申し込みを!

京都「祇園をどり」チケット予約



 

6.祇園をどりの混雑状況は?

祇園をどり(混雑状況)

どうやら祇園会館の座席は500席ほどあるようです。

着物を着た女性が多いようなので、当日はトイレ等こみ合いそうですね

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

7.お勧めの駐車場は?

祇園をどり(駐車場).jpg

祇園をどりでのお勧めの駐車場は、円山公園下の市営駐車場です。
京都市東山区祇園町北側

車を停めてから祇園会館まで、割とアクセスがしやすいと思います。

 

8.お勧めの宿泊場所は?

祇園をどり(宿泊場所)

お勧めの宿泊場所は、『春夏秋雪 京の宿 ギオン福住』です。
祇園会館に近い場所に位置するこの宿泊施設は、知恩院や八坂神社、清水寺や高台寺の徒歩圏内ですのでそちらの観光にも適しています。
東山一帯をを望む展望風呂もあり、本格的な京会席料理も楽しめます

住所 〒605-0062京都府京都市東山区東大路新橋西入
TEL 075-541-5181
〒605-0062京都府京都市東山区東大路新橋西入
(宿泊の予約は格安プランが豊富なこちらから!⇒ 出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!

 

9.祇園をどりの見どころは?

祇園をどり(見どころ)

祇園をどりの見どころは、その特徴的な演目です。

2017年の演目です。

今年は、祝舞「三番叟」・雪月花東山風情(全6景)・総踊り「祇園東小唄」です。

全6景で、それぞれ第一景 白川の鷺、第二景 夏の月、第三景 双龍、第四景 八坂の桜、第五景 東山春秋、第六景 祇園東小唄(フィナーレ)、となっています。

この字面を見ただけでも「どんな踊りだろう?」と思いませんか?

ちなみに2013年の祇園をどりのお題は、「祇園社季詣」です。

ぎおんやしろきごとのさんけい、と読みます。

祇園花街の起源である八坂神社の年中行事を、全七景のをどりで綴るというものです。

 

10.祇園をどりに行ったら気をつけること

祇園をどり(気を付けること)

公演時間はおよそ一時間あります。

大人だけの観覧なら大丈夫だと思いますが、ずっと黙っている事が耐えられないお子さんを連れていくのはやめた方が良さそうです。

あと公演中は携帯電話の電源をオフにしましょう。

 

11.まとめ

祇園をどりは、ほとんどの方が観たことのないものだと思います。

この記事を読んで興味が沸いた方は、是非ご覧になってみて下さいね。

【動画:第54回 祇園をどり】

スポンサーリンク

関連記事

西条まつり(日程)

西条まつり in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.西条まつり の概要と歴史 ↓↓クリックすると大きくなります。 西条まつりは愛

記事を読む

祇園祭 山鉾巡行(開催時間)

祇園祭 山鉾巡行 in 2017 日程・アクセス方法・注意事項と見どころをチェック!

日本の三大祭の一つが、京都の祇園祭です。 毎年数十万人が訪れる祇園祭 山鉾巡行。今回は

記事を読む

コスモスまつり(千葉県香取市)in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

コスモスといえば秋の風物詩ですね。各地で行われているコスモスまつり。 関東にお住まいの方にオス

記事を読む

べったら市(開催時間)

べったら市 in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.べったら市の概要と歴史 べったら市は東京日本橋で毎年10月20日に開催されるお祭りです

記事を読む

飯坂けんか祭り in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

今年もいよいよ「飯坂けんか祭り」の季節がやってきました。 けんか、と聞くと何だか物騒な

記事を読む

灘のけんか祭り in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.灘のけんか祭りの概要と歴史 灘のけんか祭りは兵庫県姫路市白浜町の松原八幡宮で行われる秋

記事を読む

上溝祭り in 2017! 日程・アクセス方法と見どころをチェック!

今年の夏のスケジュールはもう決まりましたか? 夏と言えばお祭りですね。お祭りと言えばお御輿、そして山

記事を読む

八尾河内音頭まつり in 2017 なんと今年は最多人数の盆踊りでギネスに挑戦!

1.八尾河内音頭まつりの概要と歴史 八尾河内音頭まつりは毎年久宝寺緑地で行われる八尾最大の

記事を読む

沖縄の産業まつり(見どころ)

沖縄の産業まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

沖縄の産業まつりのこと、ご存知でしたか? 有名な那覇大綱挽まつりの開催から約2週間後に

記事を読む

鳥越祭り(提灯)

鳥越祭 in 2017!日程・アクセス方法と見どころを大特集!

東京都台東区で行われる鳥越祭。 これがとにかくアツい?!都内最大級の神輿で行われるこの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑