*

十日市 in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

十日市(Opening)

今年も十日市の日が近付いてきました。

十日市とは福島県浪江町のお祭りです。

見どころなどを順にご紹介していきますね。

SPONSORED LINK


1.十日市の概要と歴史

十日市(歴史と概要)

十日市期間中は、中心に位置する新町通りは完全な歩行者天国となります。

露店はおよそ300店ほどが建ちならび、浪江町だけではなく周りの市町村からも人が訪れ、人で身動きができないほど混雑します。

祭りの期間中は以下のような催し物が開催されます。

 

1.小学生による町内会ごとの樽神輿(たるみこし)

2.中学生と高校生による吹奏楽の演奏

3.小~中学生によるマーチングバンド、鼓笛隊のパレード

4.町内外の団体によるよさこいおどり

5.小~中学生の作品展

6.大道芸大会など

 

2011年に起きた東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故で全町民が避難を余儀なくされていることもあり、現在では避難生活を送る浪江町民の絆をつなぐイベントとして、この十日市は位置付けられています。

そのため震災以降は「復興なみえ町十日市祭」として、避難先である二本松市で行われています。

 

十日市は、1873(明治6)年に出羽権現の祭日として、浪江町の権現堂地区に市を立てたことが始まりです。

ちなみに出羽権現とは、現在の浪江神社のことです。

十日市は浪江町にとって最大の伝統行事です。

十日市の名前の由来は、旧暦の10月10日を中日として、三日間祭りが行われたことからきています。

現在では暦が変更されたので、11月下旬の土曜日と日曜日をふくむ三日間という決まりのもとに開催されます。

十日市は、収穫を終えた人々が豊穣を祝い、冬に備えて蓄えるための市として始まった側面もあります。

隣の地区である幾世橋地区でも同じような六日市が行われていました。

ちなみにこちらの方が十日市よりも前に始まり、より人でにぎわっていたそうです。

しかし明治期に鉄道が開通したことで立場は逆転します。

権現堂に浪江駅ができたので、六日市は行われなくなったそうです。

 

2.2016年十日市の日程は?

十日市(日程)

2016年の十日市の日程はまだ発表されていません。。

毎年、11月下旬の土曜日と日曜日をふくむ三日間で行われていますので、今年もその時期に行われるでしょう。

 

3.十日市の開催時間は?

十日市(開催時間)

2016年十日市の開催時間も、まだ発表されていません。

例年午前9時30分くらいから午後3時くらいまで開催されているようです。

 

4.十日市の開催場所とアクセス方法は?

十日市(アクセス方法)

十日市の開催場所は、福島県二本松市にあるJR二本松駅前です。
福島県二本松市本町2丁目

JR二本松駅にて下車し、徒歩1分ほどで会場に到着します。

 

5.十日市のお勧めの観覧スポットは?

十日市(観覧スポット)

十日市当日は、特設ステージが設けられます。

そこで伝統芸能や町民の方々による発表、浪江町出身アーティストによる

ライブなどの各種イベントが行われるようですので、観覧される際はそちらの場所がオススメです。

避難先でバラバラに暮らしている町民の方が再会する貴重な日ですので、あちらこちらでは久々の再会を喜ぶ方々の声が沢山聞こえるそうです。

 

6.十日市の混雑状況は?

十日市(混雑状況)

十日市では毎年一万人もの人が来場するようです

時には人の波で身動きができなくなるほどなのだとか。

大変な人気ですね。

 

7.お勧めの駐車場は?

十日市(駐車場)

十日市当日は公共交通機関による移動がオススメですが、車でお越しの際は駅前に無数に散らばる有料駐車場がオススメです。

停められる台数には限りがありますので、早めに行って駐車するのが良いでしょう。

 

8.お勧めの宿泊場所は?

十日市(宿泊場所)

十日市のお勧めの宿泊場所は、空の庭プチホテルです。

このホテルはなんといっても緑に包まれた露天風呂付客室が特徴です。

雲上露天風呂から眺める夜空も格別にきれいなのだとか。

部屋は広く、とても綺麗です。部屋の内風呂含めお風呂は沢山用意されていますので、きっと祭りであちこち移動して疲れた体を癒せることでしょう。

食事のボリュームは少々少ないと感じる人もいるようですが、クロワッサンが密かな自慢のようです。とても美味しいようですよ。

住所:福島県二本松市岳温泉2-56
福島県二本松市岳温泉2-56
アクセス…二本松ICより車で15分
二本松駅より路線バスで25分

(宿泊の予約は格安プランが豊富なこちらから!⇒ 出張!レジャー!宿・ホテル予約は【るるぶトラベル】格安プランが豊富!

 

9.十日市の見どころは?

十日市(見どころ)

十日市の見どころはなんといっても露店です。

今回出店されているかはわかりませんが、「浪江で食べていた懐かしい味 あの店の、あの味を、思い出してみませんか!」というテーマで以前出店されていた露店をご紹介します。

 

1.焼鳥みづ木

浪江町でかつて営業されていた人気の飲食店の一つ、「焼鳥 みづ木」です。

なんといってもイチオシは焼鳥です。

浪江町で販売していた価格での提供です。

 

2.宝来軒の浪江焼そば

なみえ焼そばといえば有名ですよね。中でも人気があるのがこちら「宝来軒」の浪江焼そば

現在はキッチンカー「ごん太号」にて、福島県内を移動販売されているようです。

福島県浪江町のB級ご当地グルメである「なみえ焼そば」の特徴は、うどんのような太めの中華麺です。

具材はとてもシンプルで、豚肉ともやしだけ。

この麺に甘辛いソースがからむことで、力強い美味しさが生まれます。

 

3.そば うどん 杉乃家

この店は現在、二本松駅前で営業を再開しています。

うどんとそばの店ですが、浪江焼そばもメニューにあります。

ちなみに十日市が終わってからも浪江焼そばが食べられるお店は、福島県内ではここだけです

 

4.とんかつしが

現在は郡山市の「ふる里食堂」で、期間限定で出店されているようです。

注目は揚げたてサクサクのとんかつです。

このとんかつを求めて行列が出来るほどです。

 

5.居酒屋 こんどこそ

現在、二本松市内で営業されています。

注目はお店の名物料理である「なっとう焼」です。

ビールによく合う料理なのだそうです。

 

6.なみっ娘すいとん

すいとんは現在も日常的に食べられている郷土料理です。

戦中戦後の代用食とは全く違います。

震災前には、浪江町を含む浜通り沿岸部一帯を「すいとんロード」として地域おこしをする計画があったのだとか。

すいとんは、分厚くて大きいすいとんとたっぷりの野菜でとても食べごたえがあります

冷えた体を温めるにはうってつけの一杯ですね。

 

他にも注目のお店は多数あります。

色々と食べ歩きして回るのも楽しそうですね。

 

10.十日市に行ったら気をつけること

十日市(気を付けること)

十日市開催時はもう冬ですので、とても寒いと思います。

防寒対策はしっかりとしておきましょう。

 

11.まとめ

十日市の魅力は伝わりましたでしょうか?

浪江焼そば、是非一度は食べてみたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

沖縄の産業まつり(見どころ)

沖縄の産業まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

沖縄の産業まつりのこと、ご存知でしたか? 有名な那覇大綱挽まつりの開催から約2週間後に

記事を読む

大津祭(混雑状況)

大津祭 in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.大津祭の概要と歴史 大津祭は江戸時代の初めから300年以上も続く滋賀県大津市のお祭りで

記事を読む

前橋七夕祭り(見どころは?)

前橋七夕祭り in 2017 日程・アクセス方法・駐車場の穴場、見どころをチェック!

もうすぐ七夕の季節ですね! 七夕の予定は決まっていますでしょうか? 決まってないのでし

記事を読む

杭全神社夏祭り(ポスター)

杭全神社夏祭り in 2017 日程、見どころを大特集!

杭全神社夏祭りの伝統あるだんじり曳行、必見です!見どころを紹介します! 1.杭全神社夏祭り

記事を読む

夏祭り

上尾祭り in 2017!日程・アクセス方法と見どころを大特集!

埼玉県内でも有名な上尾市が開催する上尾夏祭り。 毎年多くの人が訪れる夏の風物詩です。

記事を読む

飯坂けんか祭り in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

今年もいよいよ「飯坂けんか祭り」の季節がやってきました。 けんか、と聞くと何だか物騒な

記事を読む

唐津くんち(お勧めの駐車場)

唐津くんち in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

「くんち」という言葉を聞いたことがありますか? くんちとは、九州地方で使われている言葉

記事を読む

成田祇園祭(開催時間)

成田祇園祭 in 2016 日程・アクセス方法は?見どころをチェック!

皆さんは千葉県の成田と言えば何を思い浮かべますか? そうですね、多くの方は新東京国際空

記事を読む

おはら祭り(駐車場)

おはら祭 in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

(※この記事は2017年10月24日に更新しました) 南九州最大のお祭りといえば、そう

記事を読む

あばれ祭り(オープニング)

あばれ祭り in 2016!日程・アクセス方法と見どころをチェック!

あばれ祭り。パッと目を引く特徴的な祭りの名前ですね。 あなたは「あばれ祭り」の文字を目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑