*

水戸黄門祭り in 2017!日程・アクセス方法と見どころを大特集!

あなたも水戸黄門様に会える?!茨城県水戸市で8月に開催される水戸黄門まつり。

3日間で100万人が訪れるこのお祭り、さまざまなイベントが待っています!

気になるみどころをご紹介します!

SPONSORED LINK



 

1.水戸黄門祭りの概要と歴史

水戸黄門祭り

水戸黄門まつりは、昭和36年にはじまり、毎年8月の第一金曜日から日曜日までの3日間、茨城県水戸市内の各所において開催されています。

かつては普通の夏祭りを行っていたようですが、戦後「水戸黄門、助さん、格さん大暴れ」という映画のPRでキャストが水戸市を訪れた際に黄門祭りのアイディアが生まれ、1961年8月、第一回水戸の七夕黄門祭り(現在の水戸黄門まつり)が開催されたそうです。

今年で57回目を迎えるこのお祭りは前夜祭として千波湖畔で行われる約4500発の花火大会や土日に行われる水戸黄門パレード市民カーニバルinMITO、多くの団体による演奏会等様々なイベントが行われており、楽しみ方もたくさんあります。

 

2.2017年 水戸黄門まつりの日程は?

「第57回水戸黄門まつり」

2017年8月4日(金)~8月6日(日)に開催されます。

 

3.水戸黄門まつりの開催時間は?

※今年度の細部の時程については現在まだ未発表です。昨年度第55回のプログラムを参考に作成しています。今年も大きな変更は無いと思いますので参考にご覧ください。
  • 8月4日(金)19:30~20:30 花火大会
※荒天時は11日(金)に延期となります。
  • 8月5日(土)10:00~21:00
山車の巡航、音楽隊パレード、水戸黄門パレード、市民カーニバルinMITO等、各種イベントがそれぞれの時間帯、場所で行われます。
  • 8月6日(日)10:00~21:00
山車巡行や神輿渡御、タウンフェスティバルやドリームフェスタ等が行われます。

お祭りプログラム

ドリームフェスタ地図

 

4.水戸黄門祭りの見どころは?

(動画:第51回ハイライト)



水戸黄門祭りはとにかくイベントがたくさんあります!動画をご覧いただくとおおまかの雰囲気を掴んで頂けると思います。

ここでは特に目玉の3つを紹介します。

1.花火大会

水戸黄門祭り(花火大会)

金曜日の19時半~21時、千波湖畔で行われる花火大会。

黄門まつりの幕開けとも言える4千発以上の花火が夜空を彩ります。

音楽に合わせて花火が打ち上がる様子や創作花火も美しく、湖面に映る逆さ花火も幻想的です。

2.パレード

水戸黄門祭り(パレード)

土曜日の午前、午後にそれぞれ上市地区と下市地区で行われる黄門パレードは黄門様の格好をした水戸市長をはじめ、侍の格好をした人々や山車が後ろに続きます。

また、大名行列をイメージしていると隊列には子供黄門様や少年剣士、マーチングバンド、チアリーディング部などが続きパレードを盛り上げます。

各市町村の観光大使やゲストもパレードに加わり華やなパレードとなっています。

また、黄門パレードの他に音楽隊のパレードや山車の練り歩きも行われます。

3.市民カーニバルinMITO

水戸黄門祭り(市民カーニバル)

お祭り2日目、土曜日のもう一つのメインとして行われる市民カーニバルは約50の団体が黄門ばやしなどに合わせてそれぞれの熱気あふれる踊りを披露し競いあい、審査が行われます。

ジャンルもさまざまで、振付や踊り、装飾の出来栄えなどが評価されます。

学校やサークルなど背景や年齢も様々な団体がそれぞれ凝った演出を行うので、まるでショーを観ているような感覚で楽しめるカーニバルです。

4.サマードリームフェスタ

水戸黄門祭り(サマードリームフフェスタ1) 水戸黄門祭り(サマードリームフフェスタ2)

お子様連れなら…2日間に渡り南町自由広場で行われる子供向けイベント「サマードリームフェスタ」がぴったりです。

ステージと遊戯ブース、飲食ブース等に分かれており、過去には、イバライガーショー(ご当地ヒーロー)、キッズダンス、こどもカラオケ大会、どじょうつかみ、射的、スーパーボールすくい、木工体験、勇者体験、かき氷早食い大会、ネイル体験、幼児キッズコーナー(無料)などが行われていました。

大人向けのお祭りイベントだけでなく、子供もしっかり飽きずに楽しむ事ができるドリームフェスタはおススメです!

5.屋台

水戸黄門祭り(屋台)

さらに水戸黄門まつりではイベント以外にも屋台に力を入れている様子!

お祭りでお腹がすいたらお勧めなのが泉町パーキング(水戸駅から徒歩15分)と渡邊パーキングにおける「泉町屋台村」に出店されるグルメ屋台です。

水戸納豆ケバブなどのご当地メニューも様々用意されており、このグルメを目当てにお祭りに来る方もいるそうです!

さらに屋台村にも特設ステージで市内外のアーティストによるステージも楽しめます。

花火大会においても水戸駅から会場までの道路沿いと会場周辺に屋台が多数並びます。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

5.水戸黄門祭りの開催場所とアクセス方法は?

水戸黄門祭り(会場案内図)

水戸黄門祭り(会場案内図2)

※図は2015年度の会場案内です。

1.会場

水戸市内各所(水戸駅周辺)

主な会場となる水戸駅周辺からアクセスは以下のとおりです。

・花火大会会場(千波湖会場)まで徒歩約15分

・上市会場まで徒歩約5分

・下市会場まで水戸駅北口3番乗り場から茨城交通バス「本町・浜田」方面行にて「本町1丁目」下車

2.車でのアクセスと駐車場

・東京都内→常磐自動車道経由「水戸IC」まで約90分

・宇都宮から水戸南IC→東北・北関東自動車道経由で約90分

・「水戸IC」から会場周辺まで国道50号経由で約8km(花火大会会場へは約10㌔)

臨時駐車場は約2000台(無料)及び水戸市役所、近隣ホームセンター等の駐車場も無料開放されます。

有料パーキングも多数ありますが混雑が予想されます。

また、会場付近は交通規制が実施されるのでご注意ください。

水戸黄門祭り(花火大会会場案内図)

3.電車でのアクセス

・JR常磐線「上野駅」→「水戸駅」 特急65分

・JR常磐線「東京駅」から「水戸駅」特急74分

4.高速バスでのアクセス

・東京駅八重洲南口→「水戸駅」 約110分

・茨城空港→「水戸駅」 約40分

・宇都宮駅→「水戸駅」 約120分

 

6.水戸黄門祭りに行ったら気をつける点

最も気をつけるべきはまずアクセスです。

無料駐車場も多数用意されていますが茨城県自体が車社会のため駐車場は地元の来客者で埋まりやすく、ほぼ1日中交通規制もかかります。

特に当日初めて訪れる方は電車でのアクセスをお勧めします。

電車の場合、駅からの案内も多く会場はわかりやすくなっています。

ただし車の場合と同じく特に花火大会の夕方の電車はピーク状態になるためピークを避けたい方はお昼頃や早めの電車をお勧めします。

また、電車についても都内ほど本数が多く無いためよく時間を確認して下さい。

その他で気をつける点は、当日は会場までのアクセスや会場において長い距離を歩く事が多いのでなるべく軽装で行くこと、さらにトイレは公衆トイレに加え仮設トイレも設置されますが念のためポケットティッシュ等を持っていくと安心です。

 

7.まとめ

水戸黄門祭り(まとめ)

茨城県水戸市で毎年8月に行われる水戸黄門まつり。

花火大会や黄門パレードをはじめ、多くのイベントが行われて3日間盛大ににぎわいます。

子供向けのイベントやグルメ屋台も多いので、大人や子供、家族連れ、どんな年齢層でも十分楽しむことができるのも大きな魅力です。

水戸黄門まつりを通じて茨城県の魅力を再発見し、盛大なお祭りで一緒に盛り上がりましょう!

黄門様に出会える?!水戸黄門まつり、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

川越まつり(Opening)

川越まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

関東で規模の大きな三つのお祭りといえば、千葉の佐原の大祭、茨城は石岡のお祭りが有名です。

記事を読む

大津祭(混雑状況)

大津祭 in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.大津祭の概要と歴史 大津祭は江戸時代の初めから300年以上も続く滋賀県大津市のお祭りで

記事を読む

下町七夕祭り スカイツリー

下町七夕祭り in 2017 日程・アクセス方法と見どころを大特集!

この夏のお祭りの予定が次々に発表されています。 7月といえば七夕ですね。 台東区

記事を読む

夏祭り

上尾祭り in 2017!日程・アクセス方法と見どころを大特集!

埼玉県内でも有名な上尾市が開催する上尾夏祭り。 毎年多くの人が訪れる夏の風物詩です。

記事を読む

名古屋まつり(日程)

名古屋まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

1.名古屋まつりの概要と歴史 名古屋まつりは昭和30年に「名古屋商工まつり」として始まった

記事を読む

祇園祭 山鉾巡行(開催時間)

祇園祭 山鉾巡行 in 2017 日程・アクセス方法・注意事項と見どころをチェック!

日本の三大祭の一つが、京都の祇園祭です。 毎年数十万人が訪れる祇園祭 山鉾巡行。今回は

記事を読む

きらっせ祭り(概要と歴史)

きらっせ祭り in 2016 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

きらっせ祭りというお祭りをご存じですか? このきらっせ祭り、毎年数万人が楽しむとても人

記事を読む

沖縄の産業まつり(見どころ)

沖縄の産業まつり in 2017 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

沖縄の産業まつりのこと、ご存知でしたか? 有名な那覇大綱挽まつりの開催から約2週間後に

記事を読む

コスモスまつり(千葉県香取市)in 2017 日程・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

コスモスといえば秋の風物詩ですね。各地で行われているコスモスまつり。 関東にお住まいの方にオス

記事を読む

森の祭り(見どころ)

森の祭り in 2016 日程と時間・アクセス方法・混雑状況と見どころをチェック!

森の祭り。 あなたはどのようなお祭りを想像するでしょうか。 豊かな森林の中で行わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑