*

夜の「浅草花やしき」ルミヤシキ in 2017~2018 の開催期間、特徴、見どころを大特集!


こんにちは。ゆうじです。

浅草花やしきと言えば、あなたはどんなイメージがありますか?

古くて小さな遊園地で子供向けのアトラクションしかないので、大人が行ってもいま一つじゃないの?

と思っていませんか?

いえいえ、夜の浅草花やしきは素敵なイルミネーションで、
 昼間とは全く違う幻想的な世界 が広がっているんです。

インスタ映えもしますしデートスポットとしてもおすすめです。

素敵な場所なのに意外と穴場でゆっくりとイルミネーションを楽しむことができます。

今回の浅草花やしきのルミヤシキ(イルミネーション+花やしき)は
2017年10月8日(日)~2018年4月1日(日)
まで約半年間も開催されています。

通常営業が終了した後、いったん閉園して再び開園。

閉園から再開園の30分間で浅草花やしきは光り輝く夢の遊園地に様変わりします。

約50万球の桜色の電球で彩られた園内は美しく、さらに懐かしさも感じてホッとする空間になっています。

 

50万球では最近の有名なイルミネーションスポットで使われている電球数とは一桁違います(少ない)が、浅草花やしきは敷地が狭いため、電球が密集しています。

見渡す限りすべてが光り輝いているので光の国に迷いこんだように感じられます。

浅草花やしきのアトラクションははっきり言うとちょっとショボいです。。

日本最古の遊園地のままというイメージなので、どちらかと言うとお子様向け。

大人が昼間から遊びに行くのは恥ずかしいかもしれません。

でも夜になるとイルミネーションでロマンチックな大人の世界に様変わり。

もちろん夜でもアトラクションを楽しむことができます。

たまには童心にかえって遊園地で遊ぶのもいいですよ。

他にもルミヤシキでは、

光と音楽と噴水のショー
新フォトスポット
花やしき一座によるステージ

など気になる見どころが満載です。

そこで、夜の「浅草花やしき」ルミヤシキ in 2017~2018の開催期間、特徴、見どころなど、詳しい情報をご紹介しますね。

SPONSORED LINK


1.夜の「浅草花やしき」ルミヤシキの日程・開催場所などの基本情報

日本語堪能な海外の方がルミヤシキを楽しんでします。不安そうにジェットコースターに挑戦しています。とっても楽しそうです。

開催日時 ■開催日:2017年10月8日(日)~2018年4月1日(日)
2018年1月9日(火)~4月1日(日)は基本的に金・土・日・祝のみ開催。
一部除外日あり 荒天中止の場合あり

■開催時間:
・通常営業終了後:18:30~21:00(最終入園20:30)
・通常営業時間 :10:00〜18:00

開催場所 【浅草花やしき
 住所:東京都台東区浅草2-28-1
入場料 ■入園料+のりもの限定6機種乗り放題チケット
・大人(中学生~64歳):2000円
・小学生・シニア(65歳以上) :1500円
・未就学児(2歳以上)・障害のある方 :1000円
※入園割引券、入園招待券(東京スカイツリー、水上バス含む)は使用不可
アクセス方法 【電車でのアクセス方法】
・つくばエクスプレス「浅草」駅から徒歩3分
・地下鉄銀座線・地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン「浅草」駅から徒歩5分
【車でのアクセス方法】
・首都高速上野線入谷ICより約1km
駐車場 ※浅草花やしきには、駐車場はありません。
周辺の駐車場はこちらを参照下さい
お問い合わせ先 【電話番号】03-3842-8780
公式
ホームページ
「浅草花やしき」ルミヤシキ
 

2.開催場所

「浅草花やしき」ルミヤシキ周辺の地図を載せておきますので、お越しの際にはご確認下さい。

※すぐ近くに浅草寺、東の方にはスカイツリー、西方面にはパンダのシャンシャンがいる上野動物園があります。

夜のルミヤシキを訪れる前に、立ち寄ってみてもいいかもですね。

 

3.駐車場について

浅草花やしきに駐車場はありません。

電車で行っても最寄駅から徒歩で5分以内と、とても近いので電車の方が便利です。

しかし小さなお子さんや高齢の方と一緒に行く場合は車の方が便利ですよね。

車でのアクセスは首都高速上野線入谷ICより約1kmとなっていますが、浅草ですので道路も大変混み合います。

沿線上の少し離れた駅周辺の駐車場に停めて電車で向かう方が早いです。

浅草花やしき周辺にも駐車場はありますが停めることができる台数が少ないところが多いので、午前中に行くか予約できるところは予約したほうがいいでしょう。

以下に2か所、周辺駐車場を紹介しておきます。
1.サンライズパーキング浅草観音裏店
 ・住所:台東区浅草2-29-15 TEL:03-3841-1610
・駐車場のHP:サンライズパーキング2.One Park浅草2丁目
 ・住所:東京都台東区浅草2丁目23
・駐車場のHP:One Park浅草2丁目
 

4.2017~2018夜の「浅草花やしき」ルミヤシキの特徴

今回のルミヤシキのテーマは「さくら浪漫」

桜色の電球が園内を彩ります。

まるで光り輝く桜の花が咲いているみたいです。

一面、さくら色のルミヤシキです。↓↓↓



すごく面白そうなのが、2018年12月23日(土)~2018年4月1日(日) まで行われている『浅草花やしき』×『NAZO×NAZO劇団』がコラボした、リアル謎解きゲーム
「冬の夜桜迷宮と恋の道しるべ」です。


リアル謎解きゲームとは、遊園地内を歩き回ってヒントを集めて謎を解き、ミッションをクリアするリアル脱出ゲームのようなものです。

推理小説や脱出ゲームが好きな人はぜひ挑戦してみてください。

仲間と知恵を出し合っても良し、カップルで力を合わせても良し。

あなたはこの謎を解くことができるでしょうか。
■開催日:※2018年3月以降の開催日を記載します。
・3月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)、24日(土)、25日(日)、31日(土)

・4月1日(日)
■開催時間:18:30~21:00
■料金:(入園+園内謎解きキット)前売券:一般/2000円、小学生1500円、園内謎解きキット1000円
 ※小学生は保護者(有料・20歳以上)が必要となります。
※謎解きの前売り券ではアトラクションの利用はできません。
ちなみに以下に練習問題がありますが、全く解けませんでした。。
⇒ 練習問題



5.2017~2018夜の「浅草花やしき」ルミヤシキの見どころ

5.1 光と音楽と噴水のショー

ウェルカムエリアを抜けた先に位置する池で、水と光と音の噴水ショーを
20分に1回、1日6回開催しています。

花やしきオリジナル楽曲「BLUE TRESURE」と「さくらさくら」のミュージックに合わせて噴水が上がります。

噴水もイルミネーションで彩られていて、その輝きが水に映ってさらに幻想的な世界を広げていきますよ。

和風な音楽が、とっても素敵です!↓↓↓


 

5.2 新フォトスポット登場

ルミヤシキでは、フォトスポットがたくさんあります。

ファンタスティックなメリーゴーランド


幻想的な光で彩られた風車の周りを優雅に回るスワン


光の階段や屋上ビューエリアから広がる浅草の夜景


パンダカーもイルミネーションで輝いています。
子供の頃に乗った、あの懐かしのパンダカーですよ。わかりますか?^^


今年は新フォトスポットとしてキラキラ輝くイルミネーションで飾られたハート型のオブジェが登場!


 

カップルで並んで写真を撮ればラブラブ度アップは間違いなしです。

インスタグラムにのせて「イイネ」をいっぱいもらっちゃいましょう。

 

5.3 花やしき一座によるステージ開催

花やしき一座とは、花園〜動物園〜遊園地と浅草花やしきの歴史をモチーフにしたキャラクター達でいろんなショーを行う劇団です。

パフォーマンスショーやゲーム大会など楽しいステージを繰り広げてくれます。

2017年のクリスマスショーの様子。
子供連れて行きたかったぁ~。。↓↓↓



ルミヤシキ期間中も土日祝限定で19時頃に特設ステージまたは多目的ホール「花やしき座」で季節に合わせたミニショー&グリーティングを行います!

観客も巻き込んでの楽しいショーは必見の価値あり!

ぜひ観に行ってみましょう。

 

6.混雑する時期、時間帯は?

浅草花やしきは人気の遊園地なので、
人は多いですが大混雑と言うほどではありません。

夜でもクリスマスや年末年始、土、日、祝日は混みますが入場制限するほどではありません。

平日は、かなりの穴場です。

時間帯はルミヤシキが始まる18:30頃は多少混雑するかもしれません。

一番人気のアトラクション「ローラーコースター」は待ち時間が70分と言う時もありますが、夜ならかなり早く乗れるかも?

7.夜の「浅草花やしき」ルミヤシキの歴史

開園163年、日本最古の遊園地の浅草花やしきは、2016年10月から大人のための夜の遊園地と称してイルミネーションを始めました。

2017年の8月には期間限定の夏のイルミネーションも開催されました。

 

8.夜の「浅草花やしき」ルミヤシキに行ったら気を付けること

浅草花やしきはアクセスも良く、園内は狭いですので歩き疲れるということはありません。

アトラクションの待ち時間もほとんどありません。

気を付けることは夜はやはり冷え込むということ。

あと、アトラクションは昔懐かしいタイプですので、あまり過度の期待はしないようにしましょう。。

園内にはレストランやフードコートもありますけど、浅草周辺には飲み屋さんもたくさんあります。

ルミヤシキでロマンチックな気分になったら近くのおしゃれなレストランで乾杯と言うデートプランはいかがですか?


 

9.まとめ

浅草花やしきと言えば最古の遊園地としては有名ですが、大人が遊びに行くにはちょっと物足りなさを感じるところですよね。

しかし夜の「浅草花やしき」ルミヤシキ in 2017~2018は見どころ満載、インスタ映えもして行ってみる価値、大ありですよ。

昼間に浅草花やしきでアトラクションに乗るのはなんだか恥ずかしいという人でも、夜なら全然平気です。

キラキラ輝くメリーゴーランドに乗って夢の世界を楽しんじゃいましょう。

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。

    ・36年間彼女無し・・・
    ・子供ができない苦悩・・・
    ・うつ状態との長い付き合い・・・
    ・ネットワークビジネスでの失敗・・・
    ・脱サラ目指し200万円使い失敗・・・
    ・会社でのパワハラ・・・
    ・難病の発覚・・・

    そんな経験を乗り越えた、ゆうじの波乱人生はこちらをご欄ください。
    ゆうじのこれまでの波乱人生

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑