*

時之栖(ときのすみか)イルミネーション in 2017~2018の見どころ、テーマ等を大特集!


最近のイルミネーションは見ごたえがありすぎる!

行ったことのないイルミネーションであっても、動画を見るだけでびっくりしますね。

迫力がすごいので、息子(3歳)が行ったら喜ぶだろうなぁといつも思います。

そんな、私が最近びっくりしたイルミネーションのひとつ、静岡県御殿場高原の
 ひかりのすみか 時之栖イルミネーション in2017~2018 
をご紹介したいと思います。

時之栖イルミネーションは、
静岡県のイルミネーションランキングでは第一位!

全国の人気イルミネーションランキングでも12位の人気のスポットになっています。

今年のテーマは「気分はエレガンス」。

 園内は550万球のLEDライト で華やかに彩られ、ゴージャスながらエレガンスで神秘的な光の世界を楽しむことができます。

「光のトンネル」「王宮の丘」「虹のヒカリラ」の3つのエリアを中心に、華美と幻想が同居した空間を楽しむことができます。

 

光り輝きながら水しぶきを上げて変化する「噴水ショー」
約4,500匹の光の演出を施した「金魚の展示」
樹齢120年のもみの木が虹色の光で装飾される「ツインツリー」

などなど、見どころが満載です。

時之栖イルミネーショは2017年10月28日(土)~2018年3月21日(水)まで、約5ヶ月にもわたって開催されていますから、ぜひ観に行ってみましょう!

それでは「ひかりのすみか 時之栖イルミネーション in2017~2018」の見どころ、テーマなど、たっぷりとご紹介します。

SPONSORED LINK


1.時之栖(ときのすみか)イルミネーションの日程・開催場所などの基本情報

↓↓光のトンネルでの、今回の点灯式の様子です。カウントダウンが年越しの様な盛り上がりです。司会の女性がとっても元気です。^^

それでは「時之栖イルミネーションin2017~2018」の基本情報をご紹介します。
開催日時 【開催日】:2017年10月28日(土)~ 2018年3月21日(水)
※雨天決行。ただし強風の場合には噴水ショーのみ中止
点灯時間】:※開催期間によって少し異なるのでご注意下さい
・17:00~21:30(2018年1月9日~2018年3月21日)

静岡県御殿場市の天気予報
開催場所 【御殿場高原時之栖(ときのすみか)
 住所:〒412-0033 静岡県御殿場市神山719 御殿場高原 時之栖
入場料 無料会場
・光のトンネル、虹のヒカリラ、ツインツリー、富士山ヒカリの国フェスティバル
■有料会場
【王宮の丘】
・大人(中学生以上)1000円、子ども(3歳~小学生)200円
【水中楽園アクアリウム】
・大人(中学生以上)1,000円、子ども(3歳~小学生)300円 
アクセス方法 【電車】
・JR御殿場線岩波駅からタクシーで5分
(JR御殿場駅・裾野駅・岩波駅・三島駅から無料シャトルバスの運行あり)
シャトルバスの時刻表は以下を参照下さい
シャトルバス時刻表 (時刻表のダウンロードも出来ます)

【自動車】

・東名高速道路裾野ICから県道82号・国道246号を経由し、一般道を神山方面へ車で4km
駐車場 施設内に無料の駐車場有 収容台数2,300台
お問い合わせ先 ■御殿場高原 時之栖(ときのすみか)
TEL:0550-87-3700 FAX:0550-87-0301 
公式
ホームページ
御殿場高原 時之栖(ときのすみか)
 

2.開催場所

「ひかりのすみか 時之栖イルミネーション in2017~2018」が開催されているのは、静岡県御殿場市にある御殿場高原時之栖(ごてんばこうげんときのすみか)というレジャー施設です。

御殿場高原時之栖の地図を載ますので、お出かけの際にはご確認下さい。


ここは、温泉も大浴場や露天風呂、サウナや死海の原塩のお風呂もあります。

↓↓体がプカプカ浮いてしまうほどの塩の温泉です。


お食事も地ビールを楽しめたり、40種類以上の料理を好きなだけ食べることができるバイキングレストランなどたくさんのお店があります。

↓↓ここは地ビール飲み放題、料理食べ放題のお店
(※お店の詳細は画像下の出典のリンクをクリック!)


他にも、広大な敷地内に温泉や宿泊施設、サッカー場や美術館もあり、癒しと遊びがいっぱい詰まった場所です。

イルミネーション以外の楽しみも、たくさん体験できる場所です。

 

3.駐車場について

施設内に無料で停めることができる駐車場があります。

収容台数は2,300台ですので、よほどでない限りとめることはできます。


ただし土、日、祝日などは周辺の道路が混雑する可能性があります。

時間に余裕を持って出発してくださいね。

 

4.2017~2018 時之栖イルミネーションの特徴

2017年-2018年のテーマは「 気分はエレガンス 」。

このテーマのとおり、400mの光のトンネルには、「2メートルの大きなガラスの靴」や「ティアラ」が設置され、また大小さまざまな「シャンデリア」が吊るされています。

上品で優雅な雰囲気をかもしだしています。

↓↓これが光のトンネルにある大きな靴。う~、実物を見たいですね。。




5.2017-2018 時之栖イルミネーションの見どころ

時之栖イルミネーションは、有料エリア無料エリアとがあります。

無料エリアにもたくさん見どころがあるので、見逃さないで下さいね。

では、見どころを紹介します。

5.1 時之栖噴水ショー(有料エリア)

王宮の丘で行われるレーザーと噴水のショーは必見です。

音楽に合わせて高く上がったり広がったりする噴水に様々な色のレーザーをあてて不思議な世界へ引き込んでくれるショーです。

↓↓2017-2018 の噴水ショーの様子。
今回から新しいプログラムも加わり前回よりも迫力が格段にUPしています。


この噴水ショーは「ヴェルサイユの光」と称されていて、実際にフランスのヴェルサイユ宮殿で行われている噴水ショーを再現したもの。

最高到達点はなんと70m!これは 世界初の噴水パフォーマンス です。

なんというか「すごい!」「きれい!」「ダイナミック!」どう表現すればいいのでしょう?

みなさんもぜひ体感してピッタリな表現方法を考えてみてくださいね。

噴水ショーは日没後、約30分おきに1日数回行われています。

 

5.2 虹のヒカリラ(無料エリア)

今年から新たに登場したのが「虹のヒカリラ」と命名されたイルミネーションです。

見る角度によって七色の虹のように光輝くオブジェは、まるでおとぎの世界に入り込んだような幻想的な空間を演出しています。

クリスマスシーズンはメインオブジェがツリーでしたが2018年1月9日より、球体のオブジェに変わりました。

ツリーがあると思ったのに。。あれ?と思う方もいるようですが。。

でも見ての通り。球体のオブジェもとても珍しくて素敵ですよ!


角がなく丸い形は縁起が良いとされていて、見る人すべてに幸せが訪れるようにと願いがこめられています。

こもった優しい光があなたを照らしてくれます。

 

5.3 水中楽園アクアリウム(有料エリア)

日本一!と言われている金魚の水族館です。

様々な品種が優雅に泳ぐ姿を見ていると、自分も水の中で泳いでいるような不思議な世界に入り込めます。

水槽にも色とりどりのライトをあてていて、美しい色の水の中を泳ぐ金魚たちの姿に思わずうっとりしてしまいます。

↓↓とってもめずらしい金魚と光のイルミネーションをご覧下さい。


また、水中楽園アクアリウムには新ゾーン「GOLD FISH TOWN」と言うのができました。

リトアニアの街並みを再現したジオラマの中に池や水槽があり、金魚が優雅に泳いでいます。

水中楽園アクアリウムも進化を続けているので注目です!

 

5.4 ツインツリー(無料エリア)

高さ20m、樹齢120年の時之栖のシンボルツリーであるもみの木が、キラキラしたイルミネーションで飾られています。

ツリーは次々に色が変わるので見ていても飽きません。


近くには全長150mの「ヒカリの散歩道」もあります。

天井までキラキラしたイルミネーションで飾られていて、まるでお城の舞踏会に来たようなゴージャスな気持ちを味わえます。

5.5 富士山ヒカリの国フェスティバル(無料エリア)

60近い団体が「未来」をテーマに様々なイルミネーションを展示しています。

これは参加型のイルミネーションですね。


もし自分がイルミネーションを作るのならどんな演出にするのか、想像しながら光の中を歩いて見るのも楽しいでしょう。

 

6.混雑する時期、回避の方法は?

混雑する時期はやはりクリスマスのころですね。

それ以外だと土、日、祝日は大道芸などイベントを行っていることも多く、混み合う可能性があります。

混雑する時間帯はやはりイルミネーション点灯直後です。

どのイルミネーションもそうですが、点灯の瞬間を、見たがる人は多いです。

時間に余裕のある方は、
20時ぐらいから行った方がゆっくりと観ることができます

 

7.時之栖イルミネーションの歴史

時之栖イルミネーションは期間中の来訪者が毎年60万人以上のビッグイベントです。

御殿場高原時之栖は元々レジャー施設だったのですが、1995年に御殿場高原ビールの醸造を始め、地ビールブームもあり観光客が増加していきました。

しかし御殿場は冬の寒さが厳しく、冬場は観光客が激減していました。

そこで冬でもみんなで楽しめるイベントはないものかと考えました。

餃子

そして、2000年代にLEDライトを使ったイルミネーションが開始することとなり、さらに観光客が増えてきたのです。

時之栖のイルミネーションはどんどん進化しており、今では550万球ものLEDライトが光り輝く世界を演出してくれています。

 

8.時之栖イルミネーションに行ったら気を付けること

御殿場高原時之栖は、ちょっとアクセスが悪く車でないと行きにくいところです。。

駐車場は十分にはありますが、土、日曜日などは周辺道路も渋滞しますし駐車場も遠いところに止めなければいけない可能性があります。

温泉施設なども充実していますので、
早めに行って日が落ちるのを待つというのも一つの手です。

JRの駅から無料のシャトルバスも運行していますのでそちらを利用するのも便利です。

※シャトルバスについては、以下をご参照。
 シャトルバス時刻表(時刻表のダウンロードも出来ます)

また御殿場高原は標高が高く、冬は必ず雪が積もる寒いところです。

手袋やマフラーなど防寒対策はしっかりとしていきましょう。

施設内は坂道もありますので滑りにくい靴を履いていくようにしましょうね。

 

9.まとめ

いかがでしたでしょうか?

時之栖イルミネーションは無料のエリアだけでも十分楽しめます。

まずはお気軽に足を運んでみてはいかがでしょうか。

ファミリーでも、カップルでも、お友達とでも、そして一人でも!素晴らしいイルミネーションを満喫できますよ。

 

~最後まで読んでいただき、ありがとうございます。~

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。

    ・36年間彼女無し・・・
    ・子供ができない苦悩・・・
    ・うつ状態との長い付き合い・・・
    ・ネットワークビジネスでの失敗・・・
    ・脱サラ目指し200万円使い失敗・・・
    ・会社でのパワハラ・・・
    ・難病の発覚・・・

    そんな経験を乗り越えた、ゆうじの波乱人生はこちらをご欄ください。
    ゆうじのこれまでの波乱人生

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑