*

高校受験に失敗し、浪人という選択はありでしょうか?

受験生

こんにちは。ゆうじです。

現在の日本では、高等学校への進学率が97パーセントを超えています。

ほとんどの方が高校受験を経験する時代ですね。

もし、高校受験に失敗してしまったら?

大学受験のように浪人という選択はありなのでしょうか?

実際に中学浪人を経験した人の実話や、その後の人生の影響について説明します。

 

1.高校受験の浪人が少ないのはなぜ?

悩む学生

大学受験の浪人はよく目にしますが、高校受験の浪人はあまり聞いたことがありません。

これはなぜなのでしょうか。

①世間での評価

世間一般の感覚として、

「大学受験に失敗して浪人」→まああり得る

「高校受験に失敗して浪人」→ちょっと…

という意識はありませんでしょうか。

世間では15~6歳といえば高校一年生という概念が確立しています。

ですから、中学を卒業した子が高校に行っていないと、それだけで色眼鏡で見られてしまうのです。

 

②ヤンキーだと思われてしまう

高校に行っていない=ヤンキー? という図式も広く浸透している思い込みの一つですね。

不真面目なのかな?とも思われがちです。どちらにしろネガティブなイメージですね。

 

③ある程度妥協しなければならない雰囲気がある

高校受験で浪人すると①、②のイメージがもれなくついてまわります。

ですから、たとえそんなに入りたくない高校でも、ある程度妥協して入らなければならない雰囲気があります。

 

このような厄介なしがらみが多数存在するので、高校受験の浪人は極めて少ないのです

 

2.中学浪人したその後は?

不合格

中学三年生のAさんは、私立高校を単願で受験しました。

しかし、不登校気味で勉強不足だったAさんは不幸なことに受験を失敗してしまい、不合格となってしまいました。

その後定時制や通信制の高校を受験することも考えましたが、卒業までに大体4年はかかってしまうことを考え、結局は1年のみ定時制高校に通い「仮面浪人」として過ごすことを決めました。

中学浪人した人のほとんどは1年真面目に勉強して希望の高校に進学する人が多いようです。

希望校に進んだのは良かったが、友人ができなくて辛かった」と言う人もいれば「希望する高校に入って友達もたくさん出来た!浪人して良かった」と言う人もいます。

しかし「現在は就職しているが、振り返ってみると楽しかったけど、大変なことの方が多かった。浪人したことが良かったかは未だにわからない」「正直言って世間の目が厳しい。

大学浪人とはまるでわけが違う」といった辛辣な意見も存在します。

 

3.中学浪人で、人生への影響はあるのか?

中学浪人

中学浪人をすることによりその後はどのように人生が変わってくるのでしょうか。

中学浪人の生徒は、高校に入っても一般生徒と同じ学校生活を過ごせるわけでないようです。

部活の大会では、年齢が上がることで運動能力が向上して有利になることもあるので、年齢で規制される場合があります。

また、自動車免許が取得できる年になっても学生ということで規制される場合があります。

またパチンコ店も同様です。

では大学、そして就職となるとどうなのでしょうか。

大学受験、就職は一般的には影響がないとされています。

しかし、実際問題影響があってもおかしくないと考えるべきです。

大学受験や就職試験の面接では、必ず突っ込まれる所でしょうね。

「一般的には少数である中学浪人を希望してまで入学した高校が、その後貴方の人生にどのような影響を与えましたか?」と聞かれることは容易に想像出来ます。

それに対して、ちゃんと自分の言葉できちんとした受け答えができるかどうかが合否を左右する要因となってくるでしょう。

 

4.高校受験にきちんと成功し、浪人しないためには?

授業中の生徒

高校受験にきちんと成功し浪人しないためには、受験本番で失敗しない事が肝心です。

●当日に不測の事態が発生しても動じず、事前にトラブル対処法を確立しておく。

●分からない問題が出題されても、あせったり困惑したりしない。満点を取らなくても順位が上なら合格する、と安心して解ける問題から解く。

●夜型の生活はやめる。体調不良の元でもあるので、朝型生活に早いうちから切り替える。

などなど、まだまだ他にもありそうですね。

こうして失敗しない為にはどうすれば良いのか考える事も、高校受験に成功する為に必要なプロセスです。



 

5.最後にあなたへメッセージ

43年間生きてきた経験者として、最後にこれだけは伝えておきます。

学歴だけで人生が幸せになることはありません

私は中学浪人することなく高校、大学と入学して卒業し、大手のIT企業に就職しました。

しかしながらその後、決して幸せとは言えない人生をたどってきました。

ちなみに私は大学に入るのに1年浪人し大学に入ってからは勉強をサボり、さらに1年留年しています。

親に無駄な学費を200万円ほど払わせてしまいました。。

こっちのほうが、よっぽど親不幸ですよ。^^;

以下のプロフィールで、私が学校生活を終えて社会に出た後の人生を詳しく綴っていますので、ご覧下さい。

決して「学歴=幸せ」ではないことが、わかってもらえると思います。

ゆうじのプロフィール



たとえやむを得ずに、中学浪人することになっても悲観することなど無いのです。

たしかに、中学浪人する人は少ないですから、悩むのもよくわかります。

しかし大学に入る、もしくは社会に出る時には同期の年齢なんて様々です。

年齢なんて一切関係なくなりますから。

中学浪人して、少し引け目を感じるのは仕方ないですが、今だけ。

本当にいま、一瞬だけのことです。

 

高校受験のための勉強なんて、強制的にやらされるもの。

楽しいはずはありません。

高校受験で培う必要があるのは、数学、国語などの教科の内容ではありません。

学ぶ力です。

幸せになるためには、一生「学ぶ」という姿勢が必要となります。

自分がやりたいことをやるために学ぶ、なりたい自分になるために学ぶ。

これは本当に楽しくて、やりがいがありますよ。

今の辛い受験生活が終われば、そんな素晴らしい世界が待っているのです。

そのために、もう少しの辛抱です。。

頑張ってください!

合格

6.がんばるあなたにプレゼント!

さて、最後の最後にお知らせです。

受験でとっても悩んでいるあなたに、少しでも癒やしになればと思い、プレゼントの紹介をしようと思います。

なんと、、

 最低でも1万円がもらえて、最大で2万円がもらえてしまうキャンペーンがあるんです。 
 

実際、お金がもらえることは一番うれしいですよね。

私だってそうです。^^

でも、あなたがプレゼントされるのはお金だけではありません。

私はさきほど「学歴だけで人生が幸せになることはありません」と断言しました。

これが本当であることを、ちゃんと説明している動画が、たくさんもらえるのです。

ぜひ、あなたに見て欲しいんです。

実は私もこの動画を見て元気を沢山もらい、人生を救ってもらったのです。

もちろん、ぜ~~んぶ無料ですから、何も心配することはありません。

こちらをご覧下さい。

要チェック!
 

~最後まで読んで頂き、ありがとうございます~

     

Comment

  1. […] 引用元-高校受験に失敗し、浪人という選択はありでしょうか? […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。

    ・36年間彼女無し・・・
    ・子供ができない苦悩・・・
    ・うつ状態との長い付き合い・・・
    ・ネットワークビジネスでの失敗・・・
    ・脱サラ目指し200万円使い失敗・・・
    ・会社でのパワハラ・・・
    ・難病の発覚・・・

    そんな経験を乗り越えた、ゆうじの波乱人生はこちらをご欄ください。
    ゆうじのこれまでの波乱人生

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑