*

杭全神社夏祭り in 2017 日程、見どころを大特集!

杭全神社夏祭りの伝統あるだんじり曳行、必見です!見どころを紹介します!

SPONSORED LINK


1.杭全神社夏祭りの概要と歴史

杭全神社夏祭り(Opening)

杭全(くまた)神社夏祭りは、別名「平野だんじり祭」や「平野郷夏祭り」とも呼ばれています。

また、杭全神社夏祭りは300年以上の歴史を持ち、スサノオノミコトを御祭神とする祇園社の祭りで、旧平野郷にあたり古く趣のある長屋などが多く残る9つの町内で商売繁盛や悪霊退散を祈願して地車(だんじり)を曳行すること有名です。

JR大和路・地下鉄谷町両線の平野駅近くをだんじりが巡航することから、毎年地元だけでなく他県からの見物者も多く訪れます。

各家の前で御祝儀を持ってだんじりを待つ人も多く、御祝儀をもらった家に対して感謝の気持ちや家内安全を祈願して「大阪平手打ち」が行われ、「もひとつせぇ」「祝うて三度」という掛け声で手拍子を打ち一例する光景を各所で見ることができます。

 

2.2017年 杭全神社夏祭りの日程は?

杭全神社夏祭り(屋台)

・7月11日(火) 太古台足洗い、神輿足洗い

・7月12日(水) だんじり町内曳行、九町合同曳行

・7月13日(木) だんじり平野郷内・町内曳行、宮入

・7月14日(金) 太鼓台巡行、神輿お渡り渡御

 

3.杭全神社夏祭りの開催時間は?

杭全神社夏祭り(提灯)

・7月11日(火) 6:00頃~        ふれ太鼓

・7月12日(水)・13日(水) 昼ごろ~   だんじり曳行

・7月13日(木) 20:00~24:00頃  宮入     

・7月14日(金) 16:00~20:00頃  神輿渡御   

 

4.杭全神社夏祭りの開催場所とアクセス方法は?

杭全神社夏祭り(パトカー)

【場所】杭全神社:大阪府大阪市平野区平野宮町2丁目1 国道25号線周辺 周辺町内

大阪府大阪市平野区平野宮町2丁目1

【電車でのアクセス】

JR大和路線「平野」駅 南出口から 徒歩約5分

地下鉄谷町線「平野」駅 徒歩約25分

【車でのアクセス】

名神高速道路吹田ICから約30分

ただし、11日~14日の夏祭り期間中は周辺のコインパーキングは早い時間に満車になり、交通規制の影響で神社の公式HPでも車での来場不可とされている為、基本的に車でのアクセスはオススメできません。特に初めての方は電車でのアクセスをオススメします。

過去の交通規制を参考に乗せておきますのでご覧ください。

杭全神社夏祭り(交通規制)

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

5.杭全神社夏祭りのお勧めの観覧スポットは?

杭全神社夏祭り(お勧めスポット)

初めての方にオススメの観覧スポットは、9台のだんじりが勢ぞろいする南港通りです

毎年見物客でたくさんの人出があります。

全てのだんじりを一気に見たい方は21時半頃までにこの南港通りでスタンバイすれば完璧です。

これより前の時間はだんじりが町内を回っているので、だんじりを追いかけながら夜店を回るのも楽しいと思います。

近年ではSNSを活用し、「西脇組フェイスブック」でだんじりの位置をリアルタイムで表示する町など、ピンポイントで位置を知る工夫がなされているのでぜひ活用して下さい!

 

6.杭全神社夏祭りの見どころは?

杭全神社夏祭り(見どころ)

杭全神社夏祭りの見どころはなんといっても地車(だんじり)の曳行です。

大阪のだんじりといえば岸和田市のだんじり祭りが全国的に有名ですが、杭全神社夏祭りのだんじりも全くひけをとりません!

とくに12日のクライマックスである「だんじり九町合同曳行」は見逃せません。

初めての方には特にオススメです!

合同曳行は21:45頃から南港通りで行われるため、それまでの間杭全神社の夜店をゆっくりとまわりお祭り気分を楽しむのも良いでしょう。

また、もう一つの見どころとして13日のクライマックス「宮入」をあげます。

宮入ではそれぞれのだんじりが大鳥居の前をパフォーマンスしながら行き来し、すぐには鳥居をくぐりません。

1基あたり20~30分つづくため宮入は夜中まで続きます。

このときの祭りの熱気と盛り上がりを感じること見どころの一つです。

まだ杭全神社夏祭りに訪れたことの無い方はぜひ12日、13日に訪れてみてください。

【動画:杭全神社夏祭り だんじり合同曳行】



 

7.杭全神社夏祭りに行ったら気をつけること

杭全神社夏祭り(気を付けること)

混雑が予想されるためなるべく動きやすい軽装で特に子連れの方ははぐれないように注意ください。

例年暑くなるため、うちわや扇子を持参すると便利です。

また、13日の宮入では神社前の25号線付近をパフォーマンスしながら盛り上がりをみせるため、夜店を堪能したい方は13日を避けて12日をオススメします。

例年14日には夜店も減るようです。

また、13日の22時頃から宮入のピークで混雑も最大となるため、帰りの電車に乗り遅れないように終電の時間をチェックし、早めに移動開始するなど注意が必要です。

 

8.まとめ

杭全神社夏祭り(ポスター)

大阪市平野にある杭全神社で毎年7月11日から14日にかけて行われる伝統的な夏祭り、杭全神社夏祭りはなんといってもだんじり曳行がみどころです

特に12日、13日の九町合同曳行と宮入はぜひ見に行く価値があります。

車でのアクセスは避け、夜は早めの移動を心掛けて下さい。

杭全神社の夜店でお祭り気分を味わったりだんじりを追いかけてみてはいかがでしょうか。

杭全神社夏祭り、まだ訪れたことの無い方はぜひ今年の夏祭りを見てください。

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


動画を見るだけで1万円もらえます。
その他にも多数の無料プレゼント!
2018年で間違いなく最大級です!


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。・36年間彼女無し・・・
    ・子供ができない苦悩・・・
    ・うつ状態との長い付き合い・・・
    ・ネットワークビジネスでの失敗・・・
    ・脱サラ目指し200万円使い失敗・・・
    ・会社でのパワハラ・・・
    ・難病の発覚・・・

    そんな経験を乗り越えた、ゆうじの波乱人生はこちらをご欄ください。
    ゆうじのこれまでの波乱人生

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑