*

赤ちゃんの下痢が何日たっても治らない。原因とは?親がやるべき事とは?

赤ちゃん下痢(Opening)

赤ちゃんの体調が悪くなると、本当に心配ですよね。

赤ちゃんに関するトラブルは多々あり、下痢もその内の一つです。

下痢が何日たっても治らない場合、原因は何なのでしょうか?

そして、親がすべき事とはどのような事があるのでしょう。

SPONSORED LINK


1.赤ちゃんの下痢が長引く原因は?

赤ちゃん下痢(原因)

まず、赤ちゃんは下痢をしやすいと言われています。

赤ちゃんの腸は大人と比べて未発達なので、消化不良になりやすく便が柔らかいのが普通なのです。

便がオムツからたびたび漏れるので、洗濯は毎日何回も行った…というのは赤ちゃんを育てている家庭においてよくあることですね。

下痢が長引く原因は大きく分けると3つあります。

 

食べ物

食物繊維の多い食べ物(サツマイモ、カボチャ等)、糖分を多く含む食べ物乳製品の摂りすぎによって下痢になることは多々あります。

冷たいものの食べ過ぎ、飲み過ぎも原因となり得ます。

 

感染性ウイルス、細菌

風邪やインフルエンザ、ロタウイルス性の下痢症、ウイルス性の急性胃腸炎等、これらの病気が原因で下痢になる事もあります。

 

アレルギー

食べ物アレルギーも下痢の原因です(玉子、大豆、牛乳等)。

2.病院には必ず行ったほうが良い?

赤ちゃん下痢(悩む)

赤ちゃんを病院に連れていくかどうかはよく悩む問題ですよね。

連れていく必要がないのに病院に行って、別の風邪をもらってきても厄介です。

一般的に、食欲があり赤ちゃんの機嫌が良ければ少しくらい便が柔らかくても大丈夫と言われています。

しかし、以下の点に該当する場合は注意が必要です。

普段より回数が多い(5回以上)

水っぽい便が頻繁に出る

便から腐った臭い、酸っぱい臭いがする

飲み物を飲めない

顔色が悪く、ぐったりとしている

頻繁に嘔吐する

38.5度以上の発熱

便に血が混じっている

下痢が1週間以上続く

以上の症状が見られる場合は受診をおすすめします。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

3.下痢が続いたとき、親がやるべき事とは?

赤ちゃん下痢(やるべき事)

下痢が続いた場合、何か親が出来る事はあるのでしょうか?

水分補給

下痢が治らない時最も注意すべきなのが脱水症状です。

ほうじ茶や麦茶、白湯等をこまめに飲ませてあげてください。

いっぺんに飲ませると下痢が酷くなる恐れがありますので、スプーン一匙ずつ飲ませてあげましょう。

 

赤ちゃんの食生活を見直す

赤ちゃんの消化機能は未発達ですので、ちょっとした事でも下痢になりやすいです。

離乳食の赤ちゃんは、段階を以前の状態に戻すなどしてみると良いようです

糖分を含んだものを食べ過ぎたり、乳製品を与えたりといった事は厳禁です。

消化の良いものを少量ずつ食べさせてあげて下さい。

 

お腹を温める

ウィルスや細菌が原因の下痢については効果がさほど無いようですが、お腹を温めると胃腸の働きが良くなるようです。

 

4.怖い病気が隠れているかも?

赤ちゃん下痢(怖い病気)

下痢が長引いても平気、と放っておく方もいるようですが、中には怖い病気が隠れている場合もあります。

代表的な病気の例は以下の通りです。

急性腸炎

乳糖不耐性下痢

アレルギー性腸炎

細菌性胃腸炎

ロタウイルス腸炎

乳糖不耐性下痢

中でもロタウイルス腸炎は、吐いた後に白っぽい色の水のような便を沢山するようです。

大切な赤ちゃんがそんな目に遭うだなんてとても恐ろしいですね。

5.まとめ

赤ちゃんの下痢が治らない原因や、親がやるべき事についてご紹介してきましたが、分かっていただけたでしょうか?

大人になると下痢をしたぐらいで病院なんてなかなか行きませんよね。

ですが、子どもは大人とは違うということがよく分かりました。

赤ちゃんの便をよく見てみると、食べたものがそのまま出てきている事がよくあります。

私も赤ちゃんがいてよく便をチェックするのですが、食べたもののにおいもそのままついている事もありますし、時には油が浮いてたりします。

消化機能は本当に未熟なようですね。

受診するかどうか迷っている時は、是非受診すべきだと思います。

早期の受診で、赤ちゃんの辛さを早く解消してあげましょう。

スポンサーリンク

関連記事

赤ちゃん抱っこ(大事な事)

赤ちゃんの理想的な抱っこの方法とは?抱っこでのけぞる時にはどうすれば良い?

赤ちゃんとのコミュニケーションといえば、抱っこですよね。 でもこの抱っこ、意外とムズカ

記事を読む

チャイルドシートで子供がとても泣く。。その対策方法とは?

お子さんがおられる家庭では車に乗る時にはチャイルドシート着用が義務付けられているので、みなさん外

記事を読む

子育てに父親が関わる影響とは?子供の成長にどんな影響がある?【動画あり】

家庭の事情は各家庭により様々です。 父親が働いていて母親は家事と子育て中心の家庭、共働きの家庭

記事を読む

赤ちゃん頭の形(原因)

赤ちゃんの頭の形がゆがんでいるのは治るの? 治る時期はいつ?

可愛い赤ちゃんの頭を撫でていると、気になる事はありませんか? そう、頭の形です。頭の形

記事を読む

産み分け(Opening)

産み分けの方法。高い確率で希望の性別の赤ちゃんを授かる方法とは?

結婚して、赤ちゃんを授かる事が出来るのは本当に嬉しい事です。 赤ちゃんを授かると、ほと

記事を読む

1歳初誕生日(Opening)

1歳の初誕生日で行うユニークな風習を知っていますか?

もうすぐ1歳の誕生日!初めての誕生日で行われるユニークな風習についてご紹介します。

記事を読む

赤ちゃん言葉(話しはじめ)

赤ちゃんが言葉を話し出すのはいつから?話すためには何してあげれば良い?

赤ちゃんのいる親御さんが気になることの一つが、我が子はいつから言葉を話し出すのかということで

記事を読む

赤ちゃん歩く(まだ歩かない。。)

赤ちゃんが歩く時期はいつ?親がやるべきサポートとは?

外を見れば、人々は当たり前のように歩いています。 人は動物のように生まれたときから歩くことの出

記事を読む

育児ストレス(症状)

育児ストレスの症状とは?つらい時の発散方法とは?

子供が言う事を聞かない!イライラする!そんな育児ストレスには自分に合った対処法を見つけましょ

記事を読む

未熟児の障害が発覚する時期とは? 親の心構えとは?【動画あり】

妊娠・出産の話題で、未熟児という言葉はよく出てきます。 生まれたお子さんが未熟児だった場合、障

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑