*

スマホとガラケーどっちがいいのか?子供にスマホを持たせる必要はあるのか?

スマホ ガラケー(Opening)

近年急増中のスマホ、根強い人気のガラケー、どちらがいいの?子供に持たせるならスマホ?ガラケー?

SPONSORED LINK


1.スマホのメリットデメリット

スマホ ガラケー(スマホのメリットデメリット)

あっという間に世間に浸透したスマホことスマートフォン、まずそのメリットとは何でしょうか?

まずスマホと言えばタッチパネルです。画面を直接指で触るだけの新感覚の操作性や分かりやすさが人気の一つです。

また、機能の面から言うとスマホならではの豊富なアプリを使って自分専用にカスタマイズができることです。

次々と新しいアプリやゲームが開発されており、自分の好きなアプリをダウンロードして使うことができます。

また、スマホならではの大きな画面でパソコン用サイトを観覧したり、パソコン用のメールアドレスを使う事もできます。

いわばスマホは持ち歩いて電話もできる小さなパソコンと化しています。

ではデメリットは何かというと、本体の代金が高い事もそうですが、ドコモ・AU・ソフトバンク等では月々およそ6千円~1万円程の料金プランとなる料金の高さや、大きな画面であるがゆえにバッテリーの持ちが悪い事、携帯専用サイト(iモード等)を見る事ができません。

【動画:ガラケーとスマホの違い】



 

2.ガラケーのメリットデメリット

スマホ ガラケー(ガラケーのメリットデメリット)

いまだに愛好家も多いガラケーの1番のメリットといえばやはりその料金の安さだと思います。

通話料や通信料等を抜くと基本料金は月々1000円程度で押さえる事ができます。

また、バッテリーがスマホに比べて長持ちすることや、ガラケーのボタンを利用して、機械に苦手な人でも電話やメールがしやすいシンプルなタイプの機種も用意されています。

また、使い慣れるとスマホではできないブラインドタッチがガラケーのボタンであればできてしまうことや、押し間違いが少なくなります。

さらに多くの機種でおサイフケータイやSuica、ワンセグなど既に普及しているサービスを利用することができます。

反対にガラケーのデメリットは、携帯専用の機能などが多くパソコンと連携して使いづらいことLINEやFacebookをはじめとするコミュニケ―ションツールの多くはスマホを対象としている為にガラケーで操作性ができなかったり、操作性が悪いこと、モバイル版のサイトがサービス終了していたり、ネット検索などにガラケーを利用することは難しいことなどが挙げられます。

 

3.無駄にスマホを持つ必要は無い?

スマホ ガラケー(無駄にスマホを持つ必要はない)

スマホ、ガラケーそれぞれのメリットとデメリットを紹介しましたが、流行に流されてスマホに変える必要はありません。

もし今ガラケーを利用されている方で、ガラケーを使い慣れていて機能に全く不満を感じない場合にはスマホに変える必要は全く無いと私は考えます。

私もガラケーからスマホに変えたばかりのときはガラケーに戻りたい…と思っていました。

慣れたら非常に便利でもう手放せないですが一緒にスマホに変えた母はいまだにスマホを使いこなせず、LINEで家族のやり取りが増えたことを除けばガラケーの時と何ら変わりは無いのに使用料は高くついています(笑)

 

4.子供はガラケーで十分?

スマホ ガラケー(子供はガラケーで充分?)

子供向けのキッズケータイ等はよく耳にしますが、子供にはスマホでなくガラケーで十分なのでしょうか?

子供はもしかしたらスマホを欲しがるかもしれませんが親の立場からするとスマホに依存して欲しくない、電話やメールで連絡が取れれば十分、怪しいサイトへのアクセスや詐欺などに引っ掛からないように制限したい、などの理由からガラケーを持たせる親も多いようです。

特に中学生ぐらいになると周りの子がスマホのLINEでばかり周囲とやり取りをはじめたから自分だけ仲間はずれにされたくない…

なんて問題もあるようで、親としても頭を悩ませる所かと思いますが、個人的な意見としてはスマホ依存を防ぐために機能としてはガラケーで十分、ただしスマホでも制限をかける事のできる機種や設定、危ないサイトにアクセスさせない教育を徹底することで必ずしもマイナスになるとは思いません。

例えばアメリカの学校ではノートパソコンで授業のノートをとったり小テストをする学校があったりと、自分達が子どもだった頃とは環境も変化してきています。

もしパソコンが家に無い場合にはスマホで分からないことを調べたり、インターネットで様々な興味や可能性を見つける事も可能だと思います。

ですので、必ずしも子供にスマホが悪い影響を与えるだけとは言えません。

子供に与えたい機能と今の生活を相談して決めるべきだと思います。

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1603056673583530"
data-ad-slot="5543675468"
data-ad-format="auto">

5.こういう人はガラケー向き

スマホ ガラケー(こういう人はガラケー向き)

もし携帯の利用が電話やメールの基本的な利用のみで事足りる人や、自宅にパソコンやタブレットなどのインターネットの環境がある人、新しい機械が苦手だったりパソコンとの連携は必要なくガラケーで十分機能に満足できる場合にはガラケー向きと言えると思います。

反対に仕事でパソコンを持ち歩く必要があるような場合や家にパソコンが無いけれどインターネットを活用したい人はどちらかというとスマホ向きだと感じます。

 

6.スマホからガラケーに戻す人も多い?

スマホ ガラケー(スマホからガラケーに戻す人も多い?)

最近ではスマホからガラケーに戻す人も多いといわれていますが、理由は人それぞれです。

中には機能が多すぎて分かりずらいなどスマホが使いにくかった為にガラケーに戻したパターンや、常にスマホを頼りスマホをいじってしまうスマホ依存に陥ったためにガラケーに戻したら読書や自分の時間が増えた!

他には、料金を押さえるためやガラケー+タブレットに変えたなどという人もいます。時代の流れはスマホに移り変わりつつある中で根強いガラケーへの愛着は多くの支持を得ている証拠だと思います。

 

7.歩きスマホの危険性

スマホ ガラケー(歩きスマホの危険性)

歩きながらスマホを操作している…そんな光景が近年増えており、この歩きスマホにより人とぶつかってケガをしたり、入院や死亡に至ったケースもあるそうです。。

画面を注視しながら歩いてしまい周囲への注意が散漫となってしまう為の事故です。

自分が事故に遭う可能性だけでなく、周囲の人にもケガをさせてしまう危険もあるため絶対にしてはいけない行為です。

スマホへの依存や、タッチパネルであり常に手元を見る必要があることからこのような事故が急増した考えられます。

歩きながらでも画面を見続ける必要があるのか…スマホは本当に便利だけど、便利すぎていつも使ってしまうから怖い、本当に考えさせられます。

 

8.よく考えて選択を

スマホ ガラケー(よく考えて選択を)

スマホか、ガラケーか…どちらをとってもメリットやデメリットがあります。

自分に合った使い方から選ぶべきだとは思いますが、スマホでもガラケーでもどちらにしても子供を危険にさらさない為にはどうしたらいいのか今必要な機能は何なのか、そこが重要だと私は考えます。

このままの時代の流れだと今は小さい子供も、今はガラケーを持っている子供も、大きくなったらスマホを必要とするかもしれません…

では大きくなったらとは具体的にいつにするのか、どのように見守るべきなのかよく考えて決めるべきだと思います。

 

9.まとめ

スマホ ガラケー(まとめ)

近年急増中のスマホと、いまだに根強い人気のガラケー。

スマホは言わば電話もできる小さなパソコンで何でもできて便利だけど高い、電話やメールなどの基本的な機能だけなら料金も安く操作も簡単なガラケーが便利…

どちらも善し悪しがありますが、子供に持たせる場合にもメリットやデメリットがあります。

スマホによる詐欺などの高額請求や歩きスマホによる事故…でも周りの友達はスマホ率が急増…。

自分達が子供の頃とは周りの環境も変化していて本当に難しい時代だとは思いますが、ぜひよく考えて選択して欲しいと思います。

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


動画を見るだけで1万円もらえます。
その他にも多数の無料プレゼント!
2018年で間違いなく最大級です!


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。・36年間彼女無し・・・
    ・子供ができない苦悩・・・
    ・うつ状態との長い付き合い・・・
    ・ネットワークビジネスでの失敗・・・
    ・脱サラ目指し200万円使い失敗・・・
    ・会社でのパワハラ・・・
    ・難病の発覚・・・

    そんな経験を乗り越えた、ゆうじの波乱人生はこちらをご欄ください。
    ゆうじのこれまでの波乱人生

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑