*

部下からの逆パワハラとは?ターゲットになってしまう上司とは?【動画あり】

パワハラ、と聞くと大抵の人は上司から部下によるものを想像しますよね。

ですが最近は、部下から上司へのパワハラ、通称「逆パワハラ」も増えてきているんです。

ある日、もし自分が逆パワハラの被害に遭ってしまったら…?

今回はそのような事態に巻き込まれても乗り越えていけるよう、逆パワハラについて学んでいきましょう。


SPONSORED LINK


 1.部下から上司へのパワハラとは?

communication_nigate_kaisya

「ハラスメント」とは、嫌がらせ、いじめという意味の言葉です。

パワーハラスメントとは、仕事上の地位や人間関係が相手より優位に立っていることを理由に、相手へ適切な範囲を越えて、身体的・精神的に苦痛を与える行為を指します。

例えば相手の言うことを無視する事も当てはまります。

仕事のやり方を上司が尋ねた時に「課長なのにこんな簡単な仕事も出来ないんですか!」と他の社員がいる前で激しく非難したり、上司の人格や見た目などを中傷したりといった、部下から上司への嫌がらせが逆パワハラです。

 

 2.実際の事例

Aさんはとある中小企業の管理職。

最近社内組織の変更があり、別部署へ配置転換されました。

告知から異動までの時期が非常に短く、前任者からの引き継ぎは文書のみという不十分な状態でしたが、なんとかまた頑張ろうと決意を新たにしていたAさん。

しかし働き始めて少し経った頃から、同じ部署で働く部下から毎日暴言を吐かれるようになってしまったのです。

暴言は日々激しくなる一方でした。

全体の業務に穴があいてしまう事を恐れ、Aさんは自分の気持ちを抑え、下手に出て場を丸くおさめるべく孤軍奮闘します。

自分なりに勉強も重ね、仕事も以前よりは出来るようになりました。

ですが部下からの度重なる暴言は止まず、ついにAさんは心を病む事になってしまいました。

 

 3.ターゲットとなる上司とは?

mokuhyou_mitatsu_woman

上記のケースのように、配置転換等で業務に慣れる事が出来ず、仕事を円滑にこなせない上司がターゲットになりやすいようです。

本人の性格的には、真面目で優しく、場の空気を乱すのが苦手な方に多いようです。

 

 4.なぜ、部下からのパワハラが増えた?

部下からのパワハラが起こる要因の中の一つに、部下の業務遂行能力が上司のそれを上回る場合があります。

IT企業ですと、年若い部下の方が知識的にも技術的にも上司よりもレベルが上であるという逆転現象が起きやすいようです。

また、部下の方が上司よりもその業務についての経験年数が多い場合にも起こり得ます。

例えば勤務年数が10年を超える女性パート集団を束ねる事になった雇われ店長等です。

パワハラという概念が出来て、騒がれ始めたのも本当に最近の事です。

パワハラ、そして逆パワハラも明るみにならないだけで以前からずっと存在していたと思われます。

また、部下が思春期を過ごしてきた学生時代の環境も関わっているでしょう。

毎年必ずいじめによる自殺者が出る昨今の状況です。

その状況に悪影響を受けている部下も少なからず存在すると思われます。

自分より劣っている者は見下しても良い」そのような誤った概念を信じて逆パワハラをする部下は、少なくない筈です。

 

 5.部下からのパワハラをなくすには?

business_senryaku_sakuryaku_woman

まず、上司自身が気をしっかり持つことです

部下の心ない言動や態度に惑わされず、自分の事を信じて下さい。

次に、客観的に事実を捉えることです。

自分の行いや態度を振り返ってみても良いでしょうし、明らかにおかしい場合は他人に相談し、助言を仰ぐのも良いです。

仕事が出来ない事を言われるのでしたら、一念発起して勉強に打ち込むのも良いでしょう。

また受けた扱いについて記録しておくのも効果的です。

あまりにもひどい場合は会社側と相談することになりますが、証拠は重要です。

他にも、労働局等の相談コーナーに相談にのってもらう手段もあります。

◆ パワーハラスメントから人事異動で脱出できた事例は存在します。
⇒  パワハラから人事異動で脱出する方法


 

6.まとめ

eieiou_man

今回ご紹介した逆パワハラもそうですが、近年様々なハラスメント問題が騒がれるようになってきました。

出来るだけそのような問題とは誰しも関わりたくないと思うでしょうが、最早避けて通ることは殆ど無理に等しいのではないでしょうか。

万が一そのような被害に遭ったとしても、客観的になれるかどうか事態はかなり変わってくると思われます。

今の時代、社会人としての基本能力の他にもこのような問題を乗り越えられるような力が求められているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

関連記事

議事録(Opening)

難しい打ち合わせの議事録の書き方。楽に良い議事録を作成する方法とは?

1. そもそも議事録とは何か? 議事録とは、会議や打ち合わせの内容、経過や結論などを記録し

記事を読む

サラリーマン副業(クラウドソーシング)

サラリーマンの小遣い稼ぎの方法。奥さんに内緒で、こっそり稼いじゃおう…?

  景気が上向きになったとはいえ、我々の生活はなかなか変わりません。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


  • はじめまして。当ブログ管理人のゆうじと申します。

    私は都内に本社を持つIT企業に勤めており、サラリーマン歴20年になります。その間、会社生活で数々の挫折を経験してきましたが、そこから這い上がり、かわいい息子と嫁を守るため、闘う日々を送っています。

    年齢が人生の折り返し地点にさしかかったことで、これまでの人生を振り返ることが多くなった今日この頃。自分は今まで人に何の貢献をしてきたのか…即答できないむなしさ…

    小さなことでもいいから、人から感謝されたいな。そんな思いから、インターネットの影響力を使って、役立つ情報を発信してみようかと思い、このブログを立ち上げました。

    日々の生活の中で、なるほど!そうだったのか!と発見した小さな雑学や、イベント系の情報を発信しています。

    おかげ様で、何万人もの方々に見てもらえるブログに成長しました。ぜひ、感想をお聞かせ頂けると嬉しいです。

  • 当サイトでは、様々な情報を、経験と調査に基づき、できるだけ皆さまに役に立つように心がけて情報を提供しております。しかしながら、当該情報につき閲覧者の方が損害を被った場合でも一切責任を負えませんので、閲覧者の方自身の責任においてこれらの情報をご利用下さい。
PAGE TOP ↑