気に入ったジャケットを見つけたのに、自分に合うサイズがなかったということもよくあることです。すでに売り切れているのであれば他の店舗で探して取り寄せてもらうということもできますが、そもそも自分の体に合っているサイズが生産されていないこともあります。ジャケットにはある程度のサイズバリエーションが用意されていても、特殊な体型の人では合うはずもありません。大きかったり長かったりする分にはお直しをしてもらうという方法もありますが、思っていた以上に修理費用が掛かったり全体のバランスが悪くなることもあります。

こんなジャケットが欲しいという明確なデザインがあるのであれば、オーダージャケットを利用してみるといいでしょう。オーダージャケットを作る際には、バスト、ウエスト、ヒップ、肩幅や袖丈、アームホールや背丈など細かい部分の計測をしてもらってから自分サイズで作ってもらうことができます。スポーツをしている人では首や二の腕など部分的に体が発達をしていて、その部分に合わせて既製品のジャケットを選べば全体的に大きなサイズにもなってしまいますが、オーダージャケットなら自分の体の短所をカバーしながらもバランスよく着心地の良いジャケットを制作してもらえます。さらに、気に入った生地やデザインで作ってもらえるというのもオーダージャケットの強みでもあります。

衿や袖、ポケットや後ろベンツなど、好みに合わせて組み合わせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です