SFA(SalesForceAutomation)が備えている様々な機能について

SFA(Sales Force Automation)が企業活動で重視される理由とは

SFA(SalesForceAutomation)とは、製品やサービスを販売する際に、主体となって営業活動する部門を後方支援するツール全般をさしていいます。営業活動を展開するためには様々な情報の整理が必要となります。たとえば既存顧客と見込み顧客の仕分けはもちろん、それぞれに関する基本情報や属人情報など、蓄積されるデータは膨大な量に上ります。さらに、顧客との商談内容の履歴、現在の進捗状況、アポイントのスケジュール管理など、アップデートすべき内容は枚挙にいとまがありません。

これらの作業を営業活動の本体部門が受け持つことはたいへんな労力であると同時に、肝心のセールスアプローチがおろそかになるおそれさえあります。営業活動に関するこのような周辺情報の整理・保管を自動的に行って、業務効率を最適化するするのがSFA(SalesForceAutomation)の役割であり、営業活動の様々なシーンで積極的に導入が図られています。これらのツールは、通常クラウド製品のかたちで提供されています。一方、SFA(SalesForceAutomation)と混同されがちな業務ツールにCRMがあります。

CRMとは、CustomerRelationshipManagementの略称で、顧客満足度を高めることで売り上げ拡大を図る経営手法をさします。すなわちSFAもCRMも共に売上向上に向けた業務効率化ツールですが、営業活動の支援に重点を置くのがSFAであり、顧客満足度の向上を図るのがCRMであるということになります。SFA(Sales Force Automation)のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です