SFA(SalesForceAutomation)が備えている様々な機能について

SFA(Sales Force Automation)に搭載されている主な機能

各社からさまざまな製品がリリースされているSFA(SalesForceAutomation)ですが、共通している主要な機能を見ていきましょう。まずは収益の素となる、顧客の情報を管理するための機能です。氏名・連絡先や企業の情報といった基礎的なものから、担当者とその役職・名刺や過去の商談履歴まで幅広いデータを集約できます。これらを通して、実施している営業活動の可視化が果たせるのがメリットです。

商談ごとの進捗・詳細が把握できる、案件管理機能もほとんどのSFA(SalesForceAutomation)に搭載されています。自社と顧客側のそれぞれの担当者名から、進行度や受注見込み確度に加えて売上金額などその案件ごとに把握することが可能です。営業担当者の行動・プロセスを可視化する、行動管理機能も重要です。訪問回数や提案した商談の数・頻度、受注率といった情報を管理することにより課題を把握したり、営業マンの評価につなげたりとさまざまな活用法があります。

またプロセスや案件ごとにまとめたデータから、売り上げ予測・実績を把握できる予実管理機能も大事です。今後の営業の方針の立案、案件の精確な分析など企業が成長する上で欠かせない機能と言えるでしょう。SFA(SalesForceAutomation)には営業マンの負担を軽くする機能が数多く搭載されており、レポート管理機能もその1つです。仕事をこなす上で必要となる日報・週報の作成の、作成および共有が容易になるツールが主体となります。

担当者の作業効率がアップするだけでなく、営業部門や他の部署への共有もスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です